スマホアプリ利用の伸び率は3.4%と鈍化も上昇トレンドは維持 【App Apeアプリトレンド調査レポート】

ハッシュタグ
0 SHARES

フラー株式会社はこのほど、アプリ分析プラットフォーム「App Ape」で独自に推計したデータを活用したスマホアプリの利用トレンドレポートを作成しました。2016年10月から17年9月のアプリ全体の月間アクティブユーザー(MAU)を合算した伸び率は、3.4%と上昇トレンドを維持。ただ、16年4月から16年9月の成長率18.0%に比べると伸びが鈍化したことが明らかになりました。

アプリ分析プラットフォーム「App Ape」で国内数万台のAndroid端末の実利用データを分析し、独自に推計しました。今回のレポートでは2016年1月から2017年9月のデータを利用しました。

アプリ市場は成長続くも伸びは鈍化

レポートによると、2016年10月から17年9月までの1年間のアプリ全体の合計月間アクティブユーザー(MAU)の伸び率は3.4%となりました。上昇トレンドを維持したものの、16年4月から16年9月の成長率18.0%に比べ上げ幅は縮まりました

17年9月の一人当たりの平均所持アプリ数は、前年同月比4個増の78.6個でした。そのうち、月に1回以上起動するアプリは前年同月比0.8個増の26.7個で、ユーザーが実際に使用するアプリの数は横ばい傾向であることが明らかになりました。

[データ元: App Ape(国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]

過去1年間の推移を見ても所持、利用ともに変動が少なく、スマホに入れるアプリ数は頭打ち状態に近づいていることが浮き彫りになりました。

アプリ全体のMAUランキングを見ると、上位10アプリの顔ぶれに大きな変化は無く、17年9月の順位は1位のGoogleを筆頭に、2位LINE、3位Google Chrome、4位YouTubeと続きました。

[データ元: App Ape(国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]

レポートでは市場全体の状況の他、カテゴリ別のトレンドとしてコミックアプリの動向も詳しく紹介しています。今後も各カテゴリの詳細なトレンドをデータから明らかにし、アプリ市場の全容を捉え続けることで、アプリ業界全体の利益に貢献していきます。

アプリトレンドレポートをメルマガ読者限定配布

App Ape Labではメールマガジン「App Ape Labletter」読者限定でアプリトレンドレポート(コミック編)の抜粋版を配布いたします。
購読は無料ですのでこの機会に是非ご購読ください。

App Ape Labletterの購読はこちらから!

他のアプリのアクティブユーザーの動向などを知りたい方は、お気軽にこちら からApp Apeの無料版をお試しください。