アプリトレンド、アドフラウド…アプリマーケティングの最新課題とは?~Mobile Insights in Tokyo~

0 SHARES

モバイルアプリ計測プラットフォーム「Adjust」を提供するadjust株式会社、アプリ市場・競合分析ツール 「App Ape」を提供するフラー株式会社、ユーザー獲得とリエンゲージメントをパフォーマンスベースで提供するLiftoffの3社は2月15日、共催セミナー「Mobile Insights in Tokyo」 を東京都内で開きました。

2017年のアプリ市場トレンドから見た2018年のアプリ市場展望をはじめ、深刻な影響が出つつあるモバイルの広告不正(アドフラウド)の実態とすぐにできる対応策など、アプリマーケティングの最新課題を参加者全員で共有しました。

「施策でアプリの休眠率は改善する」フラー・岡田氏

フラー事業戦略室長の岡田雄伸氏は、「2017年のアプリ市場トレンドから見た、ユーザー属性の分解と今後の展望」と題し、去年1年間の動画やメディアを中心とした非ゲーム領域の2017年の市場動向と2018年の展望、トップアプリのユーザー動向からみるリエンゲージメントの対象となるユーザーの動向を紹介しました。

ゲーム領域でアクティブユーザーが減少している一方、非ゲーム領域のユーザーは堅調であることを、App Apeで蓄積するアプリの実利用ユーザーのデータから抜粋し紹介。特にニュース&マガジンジャンルの上位アプリについて、休眠ユーザーが相当程度存在していることを明らかにした上で、岡田氏は「母数が一定以上のアプリでも、施策により休眠率が改善しているアプリもある」とリエンゲージメントの重要性を強調しました。さらに「具体的な事例は個別にぜひ問い合わせてほしい」とも呼びかけました。

不正の手口と防止策を解説・Adjust・菊田氏

Adjustシニア・パートナーシップス・マネージャーの菊田元樹氏は、「実データから見る不正の兆候と対応 ~各広告媒体を正しく評価し、最適化するとために~」と題し、最近のモバイル広告における不正の実態と防止の実際について講演しました。

菊田氏は最近の有料モバイル広告経由のインストール全体に占める不正発生の割合は10〜20%に達していると指摘。不正を防ぐ目的として①広告費用の無駄遣い②誤った広告媒体評価③データノイズによる計測データの歪み④新規チャネルへのチャレンジができないーーの4点を是正することにあるとしました。

その上で、主要な不正4種類を菊田氏は紹介。①ユーザーが広告をクリックしていないのに、大量のクリック情報を無作為に送り、オーガニックインストールを奪い取る「クリックスパム」②インストールの判断に使うデータをハッキングし、トラフィックを偽装して成りすましによるインストールを発生させる「SDKスプーフィング」③エミュレーターや本物のモバイル端末で人工的にインストールを発生させる「フェイクインストール」④不正なアプリによって他のアプリのインストール完了やダウンロード開始を検出した後、クリックのログを残し、他のネットワークへのアトリビューション(成果への貢献)やオーガニックインストールを奪い取る「クリックインジェクション」ーーの4つについて、具体的な手口を解説。注意を促しました。

すぐに実行できるシンプルな3つの不正抑止策も提示しました。
具体的には①媒体へのヒアリングを行い、インプレション、クリックの定義をしっかり把握すること②管理画面データのチェックで急激な数値の変化などをいち早く捉えること③データログの蓄積・チェックにより日本で販売していない端末アプリバージョンなどをモニタリングすることーーの3点を提唱。Adjustの不正防止機能は上記全ての不正に対応しており、不正を探知するだけではなくリアルタイムで除外することができると紹介。「広告不正で悩んでいる方はぜひ一度相談してほしい」と呼びかけました。

「広告不正の被害額は上場企業の売上に匹敵」 Liftoff・鶏田氏

「アプリ内エンゲージメントに特化したLiftoffの紹介と不正対策」をテーマに講演したLiftoffシニア・セールス・マネージャーの鶏田薫氏は「インストールしたアプリの24%は初回のみの起動だ。インストールそのものよりも、その後のエンゲージメントをいかに確保するかが重要だ」と強調。アプリ内のエンゲージメントに特化した広告配信と最適化の手法を解説しました。

数字から見た広告不正(アドフラウド)とその対策にも言及しました。鶏田氏によると、2017年の不正インストール被害は前年の2倍以上の2800億円にも上るとのこと。鶏田氏は「日本の大手上場企業の年間売上高に匹敵する損失が発生している。モバイルマーケターの63%はアドフラウドへの対策を取っておらず、貴重な広告費が失われている」と警鐘を鳴らしました。

その上で、不正対策の前にすぐにでも実践すべきこととして①実際に配信されている広告を各プラットフォームで確認してみること②ユーザーエージェントなど広告会社から提出されたレポート以外のデータを見る③オーガニック流入との相関性をモニタリングするーーの3点を提起しました。

その後のパネルディスカッションでは、ゲストスピーカーにC Channel株式会社マーケティングプロデューサーの鈴木精介氏、GILT GROUPE カスタマーディベロップメントディレクターの橋野学氏、Liftoffカントリーマネージャーの天野耕太氏、Adjustカントリーマネージャーの佐々直紀氏を迎え討論。アプリマーケティングの現場で、新規ユーザー獲得やリエンゲージメントに向けどのようにデータを分析し、最適化をしているのかや、モバイル広告における不正をどのように捉え、対応をしているのかなどについて、事例を交えながら活発に議論しました。

セミナー後には交流会を開催。モバイルマーケター同士の交流の輪が広がりました。