【速報】逆転オセロニア、ユーザーが大会を開催できる新要素「カスタム大会」を追加! 2000万DL記念の内容は??

ハッシュタグ
0 SHARES

DeNAは4月9日、同社が手掛けるアプリゲーム「逆転オセロニア」2000万ダウンロードを記念した目玉アップデートとして、ゲーム内でユーザーが任意でゲーム大会を開催できる新要素「カスタム大会(β)」を追加することを発表しました。2000万ダウンロードを記念して同日開いたパーティー内の緊急生配信で公表しました。(スライド画像はすべてDeNA提供、写真撮影はApp Ape Lab編集部)

ユーザーが大会を主催できる!!!

カスタム大会は、プレーヤーが大会を自由に開ける機能です。参加費・報酬なしの「フリーマッチ」と、バトルコインの参加費ありで、ランキング上位がバトルコインを山分けできる「コインマッチ」の2種類を用意しています。大会名や最大参加人数などのゲーム条件を設定して大会を設定。仲間内で開催するときは、合言葉でクローズドの大会も実施可能で、大会にたくさん参加するほど宝箱がグレードアップする仕組みとなっています。

プロデューサーのけいじぇいさんは「これまで手作業でゲーム結果を集計していたユーザーの姿を拝見し、着想しました」と経緯を説明。ゲーム内での解決方法として、カスタム大会を編み出したことを強調しました。

1年弱で2000万ダウンロード突破、想定より2ヶ月早かった

パーティーでは「データで振り返るオセロニア~2000万DLまでの軌跡~」と題した生配信を実施。プロデューサーのけいじぇいさん(写真)が『逆転オセロニア』の配信開始からこれまでの出来事などを、データや数字を交えて振り返りました。

けいじぇいさんは、ゲームローンチから現在に至るまでのダウンロード数の推移を紹介。2016年12月に500万DLを突破した逆転オセロニアは、この1年間でダウンロードが急上昇。17年4月には1000万DLを突破し、1年弱で倍増したことを解説しました。けいじぇいさんは「想定よりも2ヶ月ほど早かったです。本当にありがたいです」とユーザーへの感謝の気持ちを示しました。

公式ソングの楽譜やカラオケを無償配布

生配信ではカスタム大会の他、オリジナル4コマ漫画の公開や、「逆転裁判」とのコラボ、公式アートワーク集とサウンドトラックの制作決定、公式ファンミーティング「オセロニアンの宴」を盛岡や沖縄など6か所で開催など、2000万DLを記念したイベントや企画を多数開催することを明らかにしました。

特にオリジナルサウンドトラックについては、4月13日に先行発売する公式テーマソング「GLORY」の楽譜や歌詞、カラオケ、ギターレス音源などを無償で配布。SNSや動画などの素材として自由に使える前代未聞の企画となっていることを紹介しました。

今後のさらなるアプリグロースに向け、斬新な企画を次々と打ち出す「逆転オセロニア」に今後も注目です。