「20代女性はフリマアプリで買い物をし、30代男性は実店舗でアプリを使う」【App Ape 調査】

0 SHARES

少しでも安く、欲しいものを手に入れる手段として、すでにショッピングアプリの利用は広く浸透しています。ショッピングアプリのメインのユーザー層は、20・30代の男女です。

この記事では、2018年3月におけるGoogle Playストアの情報から、アプリ分析プラットフォーム「App Ape」独自のデータを抽出し、アマゾン、メルカリ、ヤフオク、楽天などショッピングアプリの世代・性別ごとの利用の特徴について深掘りしていきます。

App Ape独自のセグメント分けでショッピンアプリの利用傾向をチェック!

紹介するのは、Google Playストアのデータから2018年3月のショッピングカテゴリのデータを抽出した、MAUのランキングです。世代別・性別ごとのデータが得られるApp Apeのメリットを生かし、「男性20代」「男性30代」「女性20代」「女性30代」のセグメントに分けたTOP10ランキングを発表します。

ショッピングアプリのメインユーザーであるこれらの世代ですが、ランキングに注目してみるとアプリの使用分布が細かに異なっていることがわかりました。それでは早速、それぞれのランキングについて、深掘りしていきましょう。

男性20代のショッピングアプリMAUランキング

[データ元: App Ape (国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数で、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

「Amazonショッピングアプリ」「メルカリ」「ヤフオク!」「楽天市場」はショッピングアプリのメインストリームであり、20代男性のほか他のランキングでも上位にランクインしています。

こちらのランキングで注目すべきは10位にランクインしている「ジモティー」です。個人間売買、サークルメンバー募集、求人、グルメ情報共有などに使える「地元の掲示板」的なアプリであり、純粋なショッピングアプリではありませんが、他のユーザーがいらなくなったアイテムが無償提供されていることも少なくありません。「状態にはこだわらないので、とにかく安く入手したい」というユーザーには重宝されているようです。

男性30代のショッピングアプリMAUランキング

[データ元: App Ape (国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数で、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

「Amazonショッピングアプリ」「楽天市場」「メルカリ」「ヤフオク!」の四強は、30代男性の間でも人気です。一方で、こちらのランキングでは実店鋪で使うポイント系のアプリや、決済で使う電子マネー系のアプリも目立っています。

現在は多くの家電量販店が公式のアプリをリリースしていますが、このランキングでは「ヤマダ電機」のアプリがランクインしました。他のアプリのように、買い物の際に付与されるポイントが管理できます。大きな特徴と言えるのは、商品の「電子保証書」をアプリで管理できる点です。

「iD」「楽天Edy」「nanaco」は決済時に使用する電子マネー系のアプリです。通常、電子マネーを使用するためにはカードが必要です。それぞれの電子マネーで加盟店が違うことも懸念点のひとつですが、スマホにアプリをインストールすることでカードを持ち歩く必要がなくなります。

女性20代のショッピングアプリMAUランキング

[データ元: App Ape (国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数で、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

20代女性のランキングでは「メルカリ」が首位に輝きました。その他、「ラクマ」「minne」などフリマ系のアプリが目立っています。今、最も個人間売買を抵抗なく受け入れているセグメントと言えるのではないでしょうか。

「minne」は個人でアイテムを制作している作家と、買いたい人をつなぐアプリです。お気に入りの作家をフォローしたり、メッセージのやりとりをしたりできるため、SNSのような側面も有しています。ハンドメイドアクセサリー作家の宣伝手段としても評価が高いようです。

女性30代のショッピングアプリMAUランキング

[データ元: App Ape (国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数で、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

「楽天市場」のアプリが「Amazonショッピングアプリ」より上位にランクインしているのは、30代女性のランキングのみです。楽天市場はAmazon以上に豊富な衣服のラインナップが評価されており、ランキング結果にもこのことが起因していると考えられます。

10位には「[.st]」というアプリがランクインしました。こちらは複数のアパレルブランドを取りそろえたショッピングアプリであり、実店鋪の在庫状況なども確認できるオムニチャネルのアプリとしても機能しています。

「NIKO and…」「LOWRYS FARM」「JEANASiS」などウィメンズの人気ブランドが加盟しているため、女性を中心に利用者が増えてきているようです。

ランキングから見えてくる特徴とは?

ランキングからわかる世代・性別の特徴をいくつかピックアップしてご紹介しましょう。

スマホで買い物をするか、買い物時にスマホを使うか
30代男性のランキングでは決済系のアプリが10分3を占めています。店鋪で使えるポイント系のアプリも少なくありません。30代男性は他の世代・性別に比べて実店鋪を利用する傾向が強いようです。

一口にショッピングアプリと言っても、その用途は多彩です。ショッピング自体をアプリで完結できるものもあれば、実店鋪での買い物時に利用することでユーザーにメリットを提供するものもあります。
オムニチャネルの取り組みが一般化した当初はシンプルにポイント機能を付与した実店鋪系のアプリが大半でしたが、現在はさらに踏み込んだ機能を搭載したアプリも多いようです。

女性の関心が集中しているのはやはりファッション
女性のランキングからは、世代を超えてファッションに強い関心を寄せている傾向がわかります。「ZOZOTOWN」「SHOPLIST」はどちらも展開商品の価格帯と使いやすいUIが評価されています。またハンドメイドマーケットアプリ「minne」がランクインしている点も、女性のファッションに関するアンテナの強さを物語っているのではないでしょうか。

時代はオークションよりもフリマか

今回ご紹介したすべてのランキングにおいて、「ヤフオク!」よりも「メルカリ」が高ランクに位置しています。個人間売買をサポートするという点ではどちらも同じアプリですが、決済の簡単さや配送手続きの手軽さから、現在はメルカリのほうが高く評価されているようです。特に女性のランキングでは、「ヤフオク!」と「メルカリ」の順位に大きな開きがあります。

「Amazonショピングアプリ」や「楽天市場」は巨大なECサイトから生まれたアプリですが、「メルカリ」は単独のアプリとして生まれたサービスです。今後、新たなショッピングアプリが今回ご紹介したような強力なサービスの牙城を崩していくことは十分に考えられます。

今後のトレンドのヒントは、他の年代のランキングや11位以下のランキングに隠されているかもしれません。

米国のショッピングアプリランキングは?

さらに、米国のショッピングカテゴリの2018年3月のMAUランキングを見ると、以下の通りとなっています。アマゾンの強さは日米ともに変わりませんが、その他のアプリをみると日本にはないアプリが多数ランクインしています。 Walmartが3位に入っているのは、米国らしさがあらわれていますね。

[データ元: App Ape (米国のAndroid端末を独自分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[データ元: App Ape (米国のAndroid端末を独自分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]

さらに詳しいデータや他のアプリの時間帯ごとのアクティブユーザーの動きなどを知りたい方は、お気軽にこちら からApp Apeの無料版をお試しください。