米国人の49%は商品検索で「 Amazon」を最初に使う!「INTERNET TRENDS 2018」アプリ関連データまとめ

0 SHARES

米国のベンチャーキャピタルのKleiner Perkins Caufield & Byers(KPCB)のパートナーを務めるMary Meeker氏は5月30日(米国時間)、インターネットの今後の動向に関する長編レポート「INTERNET TRENDS 2018」を公開しました。インターネットを取り巻く最新状況と未来予測を盛り込んだレポートとして、毎回世界の注目が集まる中、App Ape Lab編集部はアプリ関連を中心に、興味深いデータをまとめました。

インターネットユーザーは世界人口の半数を超えたが、スマートフォン出荷は横ばい

レポートによると、2017年の世界のインターネットユーザーは前年比7%増の約36億人と世界人口の半数を突破。インターネットは着実に世界の主流となっています。一方で、市場浸透率が50%を達成しただけに、今後も成長への道は辿るものの、これまでよりも困難な道のりになるとも予測します。

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・7ページ]

2017年のスマートフォンの出荷台数は前年横ばいとなったことも、着実に成長しながらも、今後の成長の難易度が上がっていることを暗示しています。

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 6ページ]

スマホは良く、早く、安く。アプリはシンプルで動画、音声認識分野が伸びている

インターネットのイノベーションと競争についてDevices, Access, Simplicity, Payments, Local, Messaging, Video, Voice, Personalizationーーの9点をキーワードにトピックを解説しています。

このうち、スマホ関連では、Devices(端末)は①より良い③より速い③より安いーーの3点に集約されています。

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 15ページ]

Simplicity(シンプルさ)もより重視されています。アプリについては、TelegramやSquare Cash、Spotifyなどのように使いやすい製品が普及しやすい傾向が表れています。

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 17ページ]

Messaging(メッセージのやりとり)は、「WhatsApp」や「Facebook Messenger」などのアプリがけん引し、成長がより拡大しています。

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 22ページ]

Video(動画)では、スマホなどのモバイル端末での動画視聴が右肩上がりで上昇しています。

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 23ページ]

Voice(音声)の分野もAIスピーカー「Amazon Echo」のインストールの爆発的な増加が象徴するように、急伸しています。

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 26ページ]

Personalization(個別化)が進む過程で重要な鍵を握っているのは、データです。データはエンゲージメントやユーザー体験を向上させ、成長度合いと精度はより高まっています。事例としてFacebookやPinterest、Spotify、Netflixなどを紹介しています。

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 29ページ]
[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 30ページ]

米国の消費者の49%は商品のリサーチで「 Amazon」を最初に使う

米国の消費者が商品のリサーチで最初に使うのは「 Amazon」で、49%を占めています。検索エンジンよりも13%も大きなボリュームです。

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 62ページ]

サブスクリプションサービスも前年に比べ大きく成長しています。Netflix、Amazon、Spotify、Sony PlayStation Plus、Dropbox、The New York Times、Stitch Fix、LegalZoom、Pelotonを事例として上げています。

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 81ページ]

ITトップ企業は中国が米国と肩を並べる

2018年5月29日の世界のIT企業の時価総額トップ20のうち、 米国が11社、中国が9社と米中が独占しています。

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 218ページ]

2017年の中国のモバイルデータ通信量は前年比162%増と、加速度的に増加しています。

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 243ページ]

中国のモバイル利用をけん引するのは、「Tik Tok」をはじめとする動画アプリ、

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 247ページ]

そして「PUBG」などのゲームアプリです。

[KPCB「INTERNET TRENDS 2018」http://www.kpcb.com/internet-trends・ 249ページ]

レポートでは、今回紹介したアプリに関するデータのほか、インターネットを通じた購買行動の変化や、企業向けメッセージングサービスの著しい成長など、幅広いトピックを294ページに渡って紹介しています。トレンドを先読みするだけでなく、インターネットを取り巻く現在の基本情報として、読んでみてはいかがでしょうか。