「アプリの利用状況ごとのセグメントが魅力」株式会社ドワンゴ App Ape Surveyお客様インタビュー

ハッシュタグ
0 SHARES

フラー株式会社が若年層ネットリサーチ事業を展開する株式会社テスティーと連携し開発した、アプリの所持ユーザーや休眠ユーザー、年齢などの属性などで絞り込んだアンケート調査が簡単にできるアプリ実利用者特定型アンケートサービス「App Ape Survey(アップ・エイプ・サーベイ)」

今回はそのApp Ape Surveyを実際にご利用いただいているお客様のインタビューをご紹介いたします。お話を伺ったお客様は株式会社ドワンゴ プロダクト戦略部細川直人様です。(※以下敬称略)

株式会社ドワンゴ
細川 直人様
プロダクト戦略部

App Ape Survey導入のきっかけ

ーー App Ape Surveyご導入のきっかけを教えてください。

細川:元々App Apeを利用してアプリの市場分析を行っており、App Apeを使うことで国内で話題となっているアプリのMAUやDAU等の重要な指標を把握できるようになりました。
ただしその数値から得られた情報をニコニコ動画の改善施策やアクションにつなげていくためには、なぜその指標が不調なのか、好調なのかを仮説検証していく必要がありました。

また、弊社では昨年末から「ユーザーとの対話重視」を打ち出しており、ニコニコ動画のユーザーが弊社のアプリにどのような不満を持っているのか、一方で他社のアプリのどのような部分を気に入っているのか、把握したいニーズもありました。そんな時にApp Ape Surveyをご提案いただいたのが導入のきっかけでした。

ーー今回実際にアンケート調査をしてみてどのような点に魅力を感じましたか?

細川:まずアプリの利用状況で回答者をセグメントできることに魅力を感じました。
ニコニコ動画というプラットフォームはエンゲージメント高いユーザーが非常に多く、エンゲージメントの高いユーザーに価値を感じていただくことがとても重要です。しかし一方で、幅広いユーザーの意見を参考にしたいときもあります。ただ、ヘビーなユーザーの声は直接ご意見をいただけたり拾い上げやすい面があるのですが、逆にライトユーザーや、ニコニコ動画から離反したユーザー、そもそも興味のないユーザーの声を聞くことは難しいです。
そのようなユーザーを対象にアンケートを実施できるという所が、従来のアンケート調査ではできないため、非常に価値を感じました。

ーーその結果を受けてどのようなアクションをされていますか?

細川:今回の調査では、自社/他社ぞれぞれのアプリユーザーに対してアンケートを実施し、それぞれどのような価値を感じていらっしゃるかを把握できました。この結果は弊社のサービス改善に活用したく考えています。
順次、幅広い対象ユーザーの機能改善に活かしていく予定です。

サポート体制に関しても満足度が高かった。

ーー今回の調査のサポート体制についてのご感想をお聞かせください

細川:我々の抽象的な仮設検証にApp Ape Surveyのスタッフが弊社に寄り添っていただけたのがありがたいです。一度とある事情で調査自体が振り出しに戻ってしまった時も、新たな調査方法をご提案いただいたり、ねばり強くサポートいただきました。そのためアンケート結果だけでなく、手厚いサポートに関してもかなり満足度が高かったです。我々が抱えている調査テーマも多いのでこのApp Ape Surveyをひきつづき使わせていただければと思っております。

ーーご満足いただけて我々も嬉しいです。貴重なお話ありがとうございました!

App Ape Surveyでより正確なアンケート調査を

App Ape Surveyを使えば、「対象アプリを実際に利用しているユーザー」にのみフォーカスした調査を直接実施することができます。膨大なモニター数を抱える必要がないため、調査コストの縮減や納期短縮にもつなげることが期待できます。
今回のお話にもあったようにサポート体制も万全です。ご興味のある方はぜひこちらより一度ご相談ください。

App Ape Surveyを活用した調査は以下からご覧ください。

– 「メルカリ」値下げ交渉経験率は72%!その理由とは?

– メルカリ、ヤフオク! ・・・人気のフリマアプリ出品で売れるコツとは? フリマアプリ利用者に直接アンケートで聞いてみた