企業のSNSに必要なのは”情報と共感” ゆうこすさんに学ぶ「モテる企業SNSアカウント」の育て方(前編)

ハッシュタグ
0 SHARES

SNSアプリの利用が右肩上がりで伸びる中、多くの企業がSNS運営に乗り出しています。しかし、思うように情報が拡散しなかったり、フォロワーが伸び悩んだりと、現場では悩みが尽きないのが実情です。

 そこで今回は、SNSによる発信のトップリーダーとして活躍する「ゆうこす」こと菅本裕子さんにインタビュー。モテる=拡散が狙える企業SNSアカウントの育て方をお聞きしました。

前編では、ゆうこすさんが企業のSNS担当になったら「絶対にやること」や、モテるSNSアカウントの特徴、注目しているSNSアカウントについて伺います。(敬称略)

モテクリエイター
菅本裕子(ゆうこす)

プロフィール:1994年、福岡県生まれ。2012年にアイドルグループ「HKT48」を脱退後、タレント活動に挫折しニート生活を送るも、2016年に自己プロデュースを開始、「モテクリエイター」という新しい肩書きを作り自ら起業。現在はタレント、モデル、SNSアドバイザー、インフルエンサー、YouTuberとして活躍中。10〜20代女性を中心に自身のInstagramやYouTubeチャンネルで紹介するコスメ等が完売するなどその影響力は絶大であり、またライブ配信中に商品を販売する”ライブコマース”におけるパイオニア的存在。Instagram、Twitter、LINE@、YouTubeなどのSNSのフォロワー100万人以上。近著に『SNSで夢を叶える〜ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方〜』。

菅本裕子公式ブログ https://lineblog.me/yukos0520/
Twitter/@yukos_kawaii
Instagram/@yukos0520
YouTube/ https://www.youtube.com/channel/UCxS4vbIvtjHQcEW61J2KQIw

今日は #Facebook さんとお仕事のお打ち合わせだった、、!  終始どきどきしてたんだけどね、Instagramチームの方々が、みなさんゆうこすの事を知ってくださっていて、、(;_;)!!!??  グッズまで頂けちゃいました、、!!  2年前インスタグラムを始めた時、実は  「5万フォロワーとかなったらどうする!?そんなの考えられないけど!ありえないけど、とにかく楽しいから発信する!」  という思いだったのです。  それが、今や、37万人を超えて。 本当に多くの人に愛されていて?  そして、まさかInstagramさんまで届いてました?  Instagramはどんどん私の夢を叶えてくれた。 夢を叶えるために必要な事は、自分の事を応援してくれる人を集める事で、そしてその人達を誰よりも大切にする事なんだって、教えてくれたのもInstagramです。本当にだいすき!  フォロワーのみんな、これからもよろしくね!  ゆうこすより  #インスタグラム #ゆうこす #菅本裕子 #インスタ

A post shared by ゆうこす♡菅本裕子 (@yukos0520) on

情報発信・ストーリーが共感・応援に変わる

ーー今日はよろしくお願いします!アプリ分析プラットフォーム「 App Ape(アップ・エイプ)」で日本国内のSNSトップ3アプリ「Twitterr」「Instagram」「Facebook」を見ると、いずれのアプリも数百万単位のMAUを抱えています。特にインスタがこの1年で一気に伸びているのがよく分かります。

ーーそんな中で「バズを生むモテるアカウント」は、その他の普通のアカウントと何が違うと思いますか?

ゆうこす:それは単純に、愛されているか、愛されていないかだと思います。

モテない企業SNSアカウントは「相手の気持ちになって考えられていないな」ってすごく思うんです。あの、「bot」に見えちゃうんですよね(笑)

例えば、今着ているこの服を売るときって「この服はこんなポイントや特徴があるので、すごくおすすめなんですっ!」っていろいろな情報を目の前にいる人に伝えられます。

共感は情報を発信している「場」に生まれてくるので、まずは中身の濃い情報を発信しないことには何も起きないんですね。

でも、多くの企業アカウントって「発売しました!」とか、「新発売です」とか、「今日からリニューアルしました!」っていうことしか言わないんです。「そこが見たいんじゃないんだな」って思っちゃうんですよね。

じゃあ中身の濃い情報って何かというと、「なんでこの商品を発売したのか」「どんな商品なのか」という思いやストーリーのことなんです。特に私たちのような10、20代の若い子たちはすごく知りたいんです。

「このサービスを使ったらこういうことができます」といった最初の第1ステップの情報を発信して、そのあとに「何でその製品を発売したのか」という思いやストーリーが伝わって初めて「すごいね!いいね!」という共感が生まれ、やがて応援に変わって、モテるSNSアカウントになっていくのだと思います。

それこそが10代20代がものを買ったりサービスを利用するための重要なプロセスなのです。

ーー企業と個人でモテるSNSアカウントになるための発信に違いはあるのですか?

ゆうこす:企業の場合、個人のカラーを出しすぎないことぐらいで、そんなに違いは無いと思います。

ただ、企業も個人も気をつけなければいけないのは、「距離感」です。

SNSで発信する一番の意味って、リプライとかでその企業アカウントに直接意見が言えたりするところじゃないですか?リアルタイムのコミュニケーションから企業のコアなファンを作り上げることができる。それがSNSの醍醐味であって、そこを生かさないとSNSをやる意味は全くないと思っています。

ーーなるほど。

ゆうこす:だからこそ、企業アカウントで名前が大きくなればなるほど、フォロワーが増えれば増えるほど、距離を感じることがないようユーザーに寄り添う努力をしなければいけないと思います。

大切なのはファン同士のつながり

ゆうこす:それでも、いくら私が生配信だったりコメントを返してみたり、ブログを書いてみたりしても、やっぱり距離を感じちゃうと思うんですね。

そういう時に一番大切なのは、ファン同士のつながりの存在なんです。

私のファンがどういうタイミングでよりコアなファンになってくれたかというと、イベントを開いてファン同士が交流した時なんです。

ゆうこすのある日のイベントで、ファン同士が話していて、帰りに一緒に帰っていたのを見たんですね。「友達なの?」って聞いたら友達じゃなくて、イベントで仲良くなったそうです。確かに、ゆうこすという共通点があるから、仲良くなりやすいのかなって思ったんですけれど、その次の回も一緒にきたんですよ!

で、その次もまた一緒にきて、その人たちが輪を広げていたんです。

それを見ていて私はすごく微笑ましかったし、ほっこりしたし、あたたかい気持ちになりました。そして、私が何か告知した時に、その人たちがゆうこすの分身となってまた発信してくれて、またファン層が厚くなっていくんです。

だから、ゆうこすがファンのみなさんに寄りそっていくのも大切だけれども、ファン同士での交流があるということもすごく大事だなって思うんです。

企業にも同じことが言えるんじゃないでしょうか?

企業や商品のファンの方々を集めて生の声や意見を反映させたりして、企業もリアルな場でコアなファンを育てることをもっともっとやっていくべきだと思います。

最初の一歩の「場」がなければ、ファン同士のつながりはできません。ファンミーティグのような形でこちら側から作ってあげることが大切だと思います。

まずはコアなファンを10人作る

ーーゆうこすさんが、もし企業のSNS担当になったら、一番最初にやることはなんですか?

ゆうこす:そうですね〜。プロフィールをめちゃくちゃリッチにして、コアなファンを10人作ると思います。

ーーコアなファンを10人ですか?

ゆうこす:はい!そうなんです。コアなファンを10人作ることで、その人たちが情報の伝道師になってくれるんです。そしてコアなファンが10人から100人になったとき、初めて外に向けた発信をします。

「ゆうこすのこと応援したいけど、でも応援したらキモいかなあ」とか「周りにゆうこすのこと応援している人っているのかなあ」って思う人がいるじゃないですか。

私はそういう時に、「応援している人がいるよ!」という意味で、コアなファンの人たちの声をどんどんリツイートするんです。そうすることで、「あ、応援してもいいんだ!」とか「この子のような発言をしてもいいんだ!」という風になって、どんどん広がってくれると思うんですね。

応援してくれるとかフォローしてくれるって、簡単な行動に思えて実は全然簡単なことじゃないと思うんです。

だからこそ、背中を押すためにも、コアなファンの声をリツイートすることで、「あ、いいんだ!私も応援しても、フォローしてもいいんだ!」となる土台を作ります

アカウントの紹介は「本の帯」

ーー今、ゆうこすさんが注目している企業アカウントってありますか?

ゆうこす:光文社が発行している「bis〔ビス〕」という雑誌のアカウントがあります!去年の秋くらいに創刊されたんですけれども、もう10万人を超えています。

  ♡ 総柄スカーフが優秀すぎる!♡  いま、女の子の中で 総柄のスカーフが流行中です!  ヘアアレンジに取り入れたり、 首に巻いたり、バッグに巻いたり❤️  いろんな使い方ができるスカーフ、 みんなもぜひゲットしてみて?    #スカーフ #総柄 #総柄スカーフ #レオパード #ヒョウ柄 #ドット柄 #スカーフアレンジ #スカーフコーデ #スカーフヘアアレンジ #スカーフ巻き方 #スカーフバッグ #アレンジ #ファッション #トレンド #小物 #夏 #夏コーデ #夏ファッション #服 #ファッション小物 #ヘアアレンジ #アレンジヘア #ヘアスタイル #編み込み #編み込みアレンジ

A post shared by bis_web (@bis_web) on

ーーどういったところに共感ポイントがありますか?

私がSNSのアカウントを作る時に、一番に大事にしていることが、「それを本にした時に売れるかどうか」なんですね。

例えば企業の名前とかアカウント名は本のタイトルで、紹介欄は本の「帯」です。帯に何が書いているかといったら「本のメリットを一言で表現するキャッチコピー」ですよね。

そういう視点でみると、bis[ビス]は紹介文に「見るだけで可愛くなれるミレニアム世代のファッション&ビューティをピックアップ!」と、めちゃくちゃキャッチーなコピーになっています。情報も詰まっているし、コンテンツも濃くて見る意味がめちゃめちゃあるんです。これはうまいなあと思って、いつも共感しながら見ています。

「本にした時に売れる」みたいな感覚は、SNSでも絶対に大事だと思うんです。

ーーbis[ビス]以外に気になっている企業アカウントはありますか?

ゆうこす:有名なアカウントではありますが、なんといってもSHARPさんです。面白くて抜群のツイートセンスがあるというのはもちろんですけれども、たまに応援したくなるような言葉をつぶやいているんです。内側の思いを時々語っていて、読者をファンにするのがすごくうまいなと思います。

シャープさんみたいな大企業って、普通ならば失敗を表に出さないと思うんですよ。ツイッター担当の方も、企業関係で何かが炎上しちゃったら、それは絶対ノータッチで行くべきとなるじゃないですか。

でも、シャープさんは叩かれた時の気持ちだったりとか、あのときこれ反省だなあとか、だけど、これからはこうしようみたいな感じで、ファンを導いてくれる内容のツイートをするんです。

どんな少年漫画も、最初に失敗して成功するみたいなストーリーがあるからファンが熱くなるじゃないですか?

それと同じで、シャープさんはストーリーを生むための成功だけじゃなくて、失敗しているところも発信していてすごいなあと思います。

ーー注目している個人のアカウントはありますか?

ゆうこす:イラストレーターのありめ蛍 さんですね。インスタでまだ40投稿しかしていないのに、もうフォロワーが1万3000人を超えました。

KATE デザイニングアイブロウ3D ¥1100+tax   今回は、初心者~メイク好きさんにもオススメなアイブロウパウダー! 2枚目のイラストで簡単眉メイクも書いてます?   ◆パウダーを使った眉メイク簡単4ステップ  ①スッピン眉+ペンシル (自眉がちゃんとある人は、飛ばしても大丈夫)  眉尻無いよ!という方は、ペンシルライナーでかいて復活させます。 毛を1本ずつかいていくイメージで、スッ…スッ…と薄く重ねる。   ②眉尻+細ブラシパウダー  斜めにカットされた細ブラシ側を使っていきます!最初に乗せる位置は眉毛の下側。 眉毛のガイドラインを決めてから、徐々に眉尻を足します。  このときにリキッドを使うと、眉尻が消えにくくなるので  眉尻消えやすいよ~って人はここで使ってみましょう~1本ずつ書き足すイメージで~。   ③眉全体+太ブラシ  パウダーの色を太ブラシで混ぜ、手の甲に塗り、色を確認してから眉毛全体にパウダーをのせます。 ふんわり眉毛を目指すステップです。全体にのせるパウダーは、自眉よりやや明るめの色でも⭕️   ④眉下+ハイライト  イラストで印を付けた辺りを指でそっと触ってもらうと、骨の辺りを触るはず、そこです。手持ちのハイライトをその位置にのせて、眉の輪郭を強調すると眉メイクが締まります。  これで簡単眉メイクの完成です?‍♀️✨   ☔︎雨の日コーデイラスト  トレンドのクリア素材バックは「中身が見えるのが気になる…」という場合、好みの柄のポーチや巾着と組み合わせてみるのはいかがでしょう。  ちいさいポケットがついていたら、そこにお気に入りのアクセサリーをいれて「見せる」というアレンジも◎   皆さんにお礼 / 質問コーナーに沢山のメッセージをありがとうございます!(ストーリーハイライトにのせています)  おススメやリクエストも頂いたりして…めっっちゃ嬉しい…  メッセージを読みながら「こんなことを描いて見ようかな」とか、「新しいことを描いてみたい!!」とアイデア&パワーを貰ってます、コレが元気玉…!笑   そして私が嬉しいだけじゃなくて、皆さんに有益情報をお届けできるよう、これからも頑張ります(*'▽'*)  というわけで、コスメ&コーデイラストでした?いかがでしたか❓  また次回もお楽しみに~  #アイブロウ #アイブロウパウダー #アイブロウメイク #眉メイク #コスメレビュー #眉毛メイク #ケイト #ファッションイラスト #梅雨コーデ #コスメイラスト

A post shared by ありめ蛍 8/4sat.デザフェスF-24 (@arime_h) on

ありめさんはすごくメイクが好きなんですけれども、「どんな発信をすればいいですか?」と、実はありめさんから相談を受けたんです。
ーーそうなんですね!

ありめさんのイラストを見ると。とても素敵なんですけれど、10代、20代向けではないかな〜って思って。だったら、20代後半から30代で、いまさらメイクについて聞けないユーザーに向けて書いたら、共感を得られるしニッチなアカウントになるんじゃ無いかなって思って。

そこで、「メイクが苦手な20代後半から30代向けに、アイテムの価格帯を高めにして発信していったらどうですか?」とありめさんにアドバイスをして、ありめさんもフォロワーのリクエストなどの声を丁寧に聞きながら、20、30代のメイク初心者を意識したイラストの発信を始めました。そうしたら、フォロワーが本当にびっくりするくらい一気に増え出したんです。

ーーそれはすごい!

ゆうこす:ターゲットを絞ったこと、情報が詰まっていて見る価値や意味があること、ありめさんにコメントを送ればそれがコンテンツに反映されてユーザーが参加している感覚になれること、そしてこれらの取り組みがめちゃめちゃ共感を生んでいるところが、フォロワー増加の要因だと思います。

SNS担当はまずこの2冊を読むべし

ーー企業のSNS担当者の参考になりそうな書籍はありますか?

ゆうこす:佐渡島庸平さんの「WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE. ~現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ~」(NewsPicks Book) と、佐藤尚之さんの「ファンベース ──支持され、愛され、長く売れ続けるために」 (ちくま新書)という本は超オススメです。SNSに直結はしないんですけれども、本の内容をSNSに落とし込めば絶対に勝てるなと読んでいて思いました。企業のSNS担当者は絶対に読むべきです。

あとは、ゆうこすの「SNSで夢をかなえる!」最初の2冊を読んでから「SNSで夢をかなえる」を読んだら、いいと思います。あ、宣伝しちゃった(笑)。

ーーゆうこすさんは秋にも新しい本を発売されるんですよね?

ゆうこす:はい、そうなんです。「SNSで夢を叶える」は、インフルエンサーになりたい女性に向けてフォロワーを増やすために重要なことを書いたのですが、ビジネスマンの方々からも大きな反響がありました。

次の本は、増やしたフォロワーやソーシャルパワーをマネタイズするところにフォーカスしました。たくさんの方にぜひ読んでいただきたいです!あ、また宣伝挟んじゃった(笑)。

ーーーー
後編ではゆうこすさんが普段の投稿で使っているアプリや、ゆうこすさんが思い描くSNSとアプリの未来について伺います。どうぞお楽しみに。