ポケモンGO、10月のコミュニティ・デイで障害、再度開催へ ユーザーはどれくらい集中したのか

ハッシュタグ
0 SHARES

ナイアンティック社は10月21日、同社が提供するゲームアプリ「Pokémon GO(ポケモンGO)」の人気イベント「コミュニティ・デイ」について、後日再度開催すると発表しました。想定を大きく超えるアクセスのため、一部地域で障害が継続したためです。障害を理由にコミュニティデイを延期して再度開催するのは、今年1月に開始して以来初めてです(7月は豪雨災害を理由に延期)。通常に比べ、どれだけユーザーが集まったのでしょうか。

コミュニティ・デイとは

「コミュニティ・デイ」とは、ポケモンGOで毎月開催しいる特別なイベントです。イベント期間中は特定のポケモンが大量発生し入手しやすくなるほか、アイテムなどさまざまなボーナスが提供されます。

ポケモンGO「コミュニティデイ」から学ぶゲーム内イベントのポイント 全5回分の時間帯別利用データを分析してみた

今回のコミュニティ・デイでは、 通常は30分間、ポケットモンスターを引き寄せる効果があるルアーモジュールの効果が3時間持続。ポケモンのタマゴが4倍早くかえり、強いポケモンに進化する「ダンバル」が大量発生する予定でした。

しかし、日本を含むアジア・太平洋地域で、開始直後にサーバーが不安定となりました。
公式ツイッターでは、以下のような案内がありました。

コミュニティ・デイ当日、ユーザーはどんな動きをしたのでしょうか。

コミュニティ・デイ開催直前から起動急増

フラー株式会社が提供するアプリ分析プラットフォーム「App Ape」のデータ解析によると、21日のポケモンGOの起動率は、コミュニティ・デイ開始の正午直前のから急増。前週日曜に比べ約1.7倍となりました。その後、午後2時にかけて利用が急落しました。

[データ元: App Ape(国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[時間帯別アクティブ率:一日にアプリを起動したユーザーのうち、各時間帯に起動しているユーザーの割合。平日、休日別で月間の平均値を示しています。]

1分ごとのApp Apeのパネルユーザーの起動率をまとめたログを解析すると、前週に比べ、11時台からの起動が目立ちます。コミュニティ・デイに合わせて時間を工面し、確実にポケモンをゲットするための準備をユーザーがしている様子が伺えます。

正午以降は起動回数が断続的に伸び、前週の2倍近い伸びとなりました。ユーザーは午後4時頃まで断続的に起動しており、障害発生後も何度もアプリを立ち上げた様子が伺えます。

[データ元: App Ape(国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[時間帯別アクティブ率:一日にアプリを起動したユーザーのうち、各時間帯に起動しているユーザーの割合。平日、休日別で月間の平均値を示しています。]

ヤフーリアルタイム検索で「ポケモンGO」のツイート数を検索すると、不具合が発生した正午のコミュニティ・デイ開始以降にツイート数が伸びています。

[引用元:ヤフーリアルタイム検索]

ツイートは、特に午後2時の時間帯に集中しました。

[引用元:ヤフーリアルタイム検索]

ポケモンGOはヘビーユーザー数が安定して推移しており、数あるゲームの中でも長期運営にもっとも成功したタイトルのひとつです。

ポケモンGO ヘビーユーザー捕獲 仲間と楽しむ魅力 進化 – 日本経済新聞

それだけに、運営側の判断は素早く、午後2時前にはコミィニティ・デイの再度開催をアナウンス。ネガティブなツイートも減っていきました。

次回のコミュニティデイの伸びに注目

今回の障害の原因は、想定を大きく超えるアクセスがあり、アプリがつながらなかっためとしています。App Apeのデータでも、前週の約2倍のアプリ起動がコミュニティ・デイの時間帯に断続的に集中したことが確認できました。
再度開催する予定となったコミュニティ・デイ。ユーザーはどのような動きをするのでしょうか。App Ape Labでは次回のコミュニティ・デイのデータも紹介する予定です。

ーーーーー
App Apeでは以上のようなアプリに関するデータを毎日更新しています。無料登録で一部のデータをすぐに確認することが可能です。

ご登録はApp Ape公式サイト:https://ja.appa.peからどうぞ。