今、絶対に必要なのはググり力 ゆうこすさんに学ぶ「モテる企業SNSアカウント」の育て方(後編)

ハッシュタグ
0 SHARES

SNSアプリの利用が右肩上がりで伸びる中、多くの企業がSNS運営に乗り出しています。しかし、思うように情報が拡散しなかったり、フォロワーが伸び悩んだりと、現場では悩みが尽きないのが実情です。

SNSによる発信のトップリーダーとして活躍する「ゆうこす」こと菅本裕子さんに、モテる=拡散が狙える企業SNSアカウントの育て方を聞くインタビュー企画。後編では、ゆうこすさんがいつも使っているアプリや、注目している新たなプラットフォームなどについて伺いました。(敬称略)

モテクリエイター
菅本裕子(ゆうこす)

プロフィール:1994年、福岡県生まれ。2012年にアイドルグループ「HKT48」を脱退後、タレント活動に挫折しニート生活を送るも、2016年に自己プロデュースを開始、「モテクリエイター」という新しい肩書きを作り自ら起業。現在はタレント、モデル、SNSアドバイザー、インフルエンサー、YouTuberとして活躍中。10〜20代女性を中心に自身のInstagramやYouTubeチャンネルで紹介するコスメ等が完売するなどその影響力は絶大であり、またライブ配信中に商品を販売する”ライブコマース”におけるパイオニア的存在。Instagram、Twitter、LINE@、YouTubeなどのSNSのフォロワー100万人以上。近著に『SNSで夢を叶える〜ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方〜』。

菅本裕子公式ブログ https://lineblog.me/yukos0520/
Twitter/@yukos_kawaii
Instagram/@yukos0520
YouTube/ https://www.youtube.com/channel/UCxS4vbIvtjHQcEW61J2KQIw

https://www.instagram.com/p/Bldl47CHsH5/?hl=ja&taken-by=yukos0520

無知だったからこそ身についたクリエイティブ力

ーーゆうこすさんは普段どんなアプリを使って発信していますか?

ゆうこす:そうですね〜。(スマホの画面を示して)例えば、これは私のSNS発信用のページです。文字加工、画像加工のアプリだけで20個以上はあります。

ーーすごい!特に利用頻度が高いのはどれですか?

ゆうこす:「Phonto」というアプリはすごく使いますね。簡単にクリエイティブな見出しができちゃうんです。クリエイティブは全部自分で作っています。

[Google Playより引用]

ーークリエイティブを全て自分で作っているのはなぜですか?

ゆうこす:単純に、自分でやった方が早いからです。このインスタで使っているような画像だと2、3分で作成できます。

もしこれをデザイナーさんに頼んだとすると、多分打ち合わせだけで15分。プロのデザイナーさんがそれなりに作ったら最低でも1時間はかかると思います。多分他の仕事もあるので、下手したら1つのクリエティブが提示されるまで1日くらいはかかるかもしれません。そこから修正をしていたら、もっと時間がかかります。

そうなると、特にストーリーズやSNSは「今」を発信するものなのに、「はい!これ昨日の『なう』です!」になっちゃいます。彼氏がデザイナーとかじゃない限り、私はクリエイティブを人には頼まないと思います。

ーー自分でクリエイティブを作る力というのは、どうして身についたのですか?

ゆうこす:デザインに対して無知だったから身についたのかもしれません。

ーーといいますと?

ゆうこす:クリエイティブを自分で作ろうと思った時、何を参考にしたらいいか分からないので、とりあえず新聞や広告、デザイン集といろんなものを見て、「この新聞のレイアウトとこの広告のここを組み合わせてみよう」みたいなちょっと他の人と違うことができたんです。

デザインをちゃんと勉強している人には「これ!」っていうデザインの「型」があるらしいんですけれども、私は「型」を知りません。

組み合わせってデザインのルールも概念もわからない無知だからこそ、出てくる技じゃないですか?だから、無知だったのが良かったのかなって思いながら、今もいろいろなものを見ています。

ーー真っ白なキャンパスだったからこそ、自由に自分の好きなように知識や感性を描くことができた、それが今のクリエイティブを圧倒的なスピードで作る原動力にもなっているということですね。

ゆうこす:そうかもしれませんね。やっぱり「こうしたほうがいいかな」と思うことにあまり躊躇することがないですし、すごく自由に作っているので、他のクリエイティブと差別化ができて「あれ?何これ?」と目を引きますね。

ーーなるほど~!

ゆうこす:今、SNSで「目立つ」というのは、「人と違う」ということと同義だと思うんです。

だから、人と違う、プロとは違うデザインができるっていう私は、プロと素人の中間くらいになると思うので、多分、一番目立つと思うんです(笑)。

ーーたしかに!プロが作ったある種の「型」にはまったものの中で、「これ、型にとらわれていないな」っているものがあったら、きっとみんなクリックしちゃいますよね。

ゆうこす:そうなんです! 

ーーそういった意味では、企業のSNS担当の皆さんもあまり形式にとらわれずに他とちょっと違ってもいいと思ったものをどんどんやっていくことが重要ということなのでしょうか?

ゆうこす:そうですね。企業においても、やっぱり他と違うということは重要だと思います。

SNSの運用もツイッターの運用も、「周りが〜」とか「一般の人たちが使っているように僕たちも〜」というアカウントがすごく多いと思うんです。

目立つというのは、普通の人とは違うことをして初めて目立つんですね。なので、ちょっと違うことをやっている企業アカウントは強いなと思います。

例えば、インスタでいうとストーリーズはゆるっと力を抜いた日常をアップするところ、通常の投稿という使い分けがあります。

で、みんなが日常的なふわっとしたものをあげている中で、作りこんだクリエイティブがあると「えっ??!」ってなるじゃないですか。周りがやっている時に違うことをする企業アカウントは、そういうことをするべきなんだろうなって思いますね。

今、絶対的に必要な力は「ググり力」

ーー最近面白いなあと思って使っているアプリってありますか?

ゆうこす:私、アプリめっちゃ好きなんです!う~ん、どれがいいかなあ…。最近便利だなあと思ったのは、AI医療アプリ「アイメッド」です。

[Google Playより引用]

ゆうこす:自分の体で調子が悪いところを伝えるとアプリがAi診断でアドバイスしてくれるんですね。近くの病院を紹介してくれるし、テレビ電話でお医者さんの先生とつないでオンライン診察もしてくれるんです。

例えば、発熱、咳、嘔吐、急に熱が出るとか入力すると、可能性が高い病名が出て、近くの診療科を紹介してくれます。病院の口コミもこれで見られます。先日、マネージャーが「体調が悪い」というので、このアプリを使って診断したら、「あなたはインフルエンザです」って出てきて。「これやばいじゃん!」とか叫んで病院に行ったら、本当にインフルエンザだったんです。

ーーえ!そうなんですか!

(マネージャーの木村さんが大きくうなずく)

ゆうこす:最悪じゃん!早く言ってよ!みたいな感じで(笑)。そんな感じで、めちゃくちゃこのアプリいいんです。

ーー面白いアプリの情報はどうやって収集していますか?

ゆうこす:ずっとStoreを見ています。あとはツイッターですね。いいアプリって絶対シェアされていくので、ツイッターのタイムラインをずっと見ています。

私、「今、アプリでできないものはない。私の頭で考えることなんて、大体アプリで実現できている」と思っているんです。私みたいに個人で何か機能やサービスがほしいなと思ったら、その商品やサービスを求めている人は実際には100万人はいると考えているんですね。

欲しいものやサービスのあと「アプリ」と書いてグーグル検索すれば、大体必要とするアプリが出てきます。「アイメッド」も「AI アプリ」で検索すれば出てくると思ったんですよね。 

今、絶対的に必要な力って「ググり力」だと思っているので、私は今、めちゃめちゃググっています。

ーー企業の人たちもどうしたらググってもらいやすいキーワードをハッシュタグなどで盛り込めるかが大切かもしれませんね。

ゆうこす:そうですね!ハッシュタグとかのつけ方はとても重要ですね。

つながれる場を一番に作れば勝てる

ーーゆうこすさんが今、注目をしている新しいサービスは何ですか?

ゆうこす:今注目しているのはライブコマース配信、ライブ配信系のアプリです。

インスタならGenkingさんみたいな感じで、ライブコマースならこの人みたいな人が今いないじゃないですか。だからまだまだブルーオーシャンだし、誰しもが1番になれる可能性があるからです。

ヒカキンさんは最初から自分でやっていて、当時は敵がいなかったから1位を取ることができましたが、今、youtubeで私が1番になろうとしても、難しいと思うんです。

誰もやっていないところで一番最初に手を上げる、そういう意味でライブコマース、ライブ配信かなと思っています。

ーー企業もライブコマースのようにブルーオーシャンでまだ誰も挑戦していない新しいSNSに挑戦することは大切かもしれませんね。

ゆうこす:めっちゃ大事だと思います。まだ誰も試していない新しいSNSを始めれば、それだけでニュースになります。企業というところを逆手に取っちゃえばおもしろいですよね。

例えばシャープさんがTik Tok始めたらめちゃくちゃ面白いですよね。「うちは企業アカウントだから目立たない…」というのではなく、それを逆手に取ってむしろ武器にすればいいと思います。

ーーゆうこすさんはSNSの未来がどうなっていくと考えますか?

ゆうこす:SNSの未来が変わっていくというよりも、私たちが求めるものがコミュニティになってくるから、SNSの側もそうなっていくんじゃないかなと思いますね。アプリもつながれる場を1番につくった人が勝つと思いますね。

今SNSを一番使っている私の世代や10代って、Mixiを経験したことがないんです。一番初めてのSNSがツイッター、インスタで、最初から「発信をしましょう」とアプリを渡されるんです。

私もリアルタイムで経験していないので勘なのですけれども、Mixiはコミュニティがあって、自分と司会者と仲間とでチームを作って、つながって、共感する場だと思います。

一方、私たちはつながるということを経験したことがないんです。友達同士でつながるかもしれないけれど、個人が発信するものしか経験したことがないんですよ。

SNS疲れという言葉も聞きますけど、今の若い人って疲れているし、孤独を感じています。
だから、次のSNSには、人とつながることを求めてくると思うんです。

LINEで人とつながることに疲れた今の若い10代は、仲良しグループだけでカカオトークやろうといった具合に、人とつながることに考えが移行しているように見えます。

フェイスブックも、早くもそれを察して、これまでは個人の発信に注力していたけれど、今後は人と人とが「つながれる場所」を提供する方向に転換してコミュニティ機能を推してきましたね。

ーーそういった意味では、日本でメインで使われているインスタやツイッターなどの次に来るSNS的なサービスは…

ゆうこす:まわりまわってMixiのようなコアなコミュニティを核としたサービスがきますね!時代や歴史は繰り返されるといいますからね。

ーーちなみに、ゆうこすさんはFacebook使っていますか?

ゆうこす:私たち10代20代はフェイスブックは全く使っていないですね。私も使い始めたのはお仕事をやりはじめてからです。

あらためてFBと使った時に「なにこれ最先端のアプリ!」ってツイッターに書いたら、10、20代は「フェイスブックってなにこれ超面白いアプリじゃん!」って反応だったのに、30代以降は「いやいや、いまさら?」みたいな感じだったんです。

私たちは昔を知らないから、私たちにとっては面白いし、今、求めていたものがFacebookにはあるんです。

ーー今後の活動について情報をお寄せください。

ゆうこす:ゆうこすだけの成功だったら、「SNSで感覚を養ったゆうこすの自己プロデュースだからできたんじゃん」「フォロワー多いのも、飲食店が成功しているのもゆうこすだからじゃん」と言われると思うんですよ。

なので、今後は私の名前をつかわずに飲食店の経営などプロデュースをやったり、面白いことをやったりしていこうと思っているので、ちょっとでも興味を持った方はお仕事一緒にしたいです!うわ~宣伝いれた(笑)。ぜひ応援してください!

ーーありがとうございました!