今一番流行っているライブ配信アプリはどれ?利用者数ランキングやユーザーの特徴を読み解く【2018年11月版】

ハッシュタグ
ライブ配信アプリとAppApe
0 SHARES

動画配信サービスの人気がここにきて一層高まっています。スマートフォンの普及で誰でも簡単に動画を撮影・配信できるようになったからです。

動画配信サービスの中でも「ライブ配信」に着目し、今、人気が高まっているライブ配信アプリの利用者数やユーザーの特徴をアプリ分析プラットフォーム「App Ape」のデータを使って紐解きました。

トップ5アプリのMAU比較

ライブ配信アプリでユーザー数が多い上位5アプリのMAU(月間利用ユーザー数)の過去1年間の推移は以下の通りです。

ライブ配信系アプリの月間利用者数比較のグラフ
[データ元: App Ape (国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数で、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

LINE LIVEやMix Channelなど上位のアプリのユーザー数が徐々に減少していく中、SHOWROOM( ショールーム)はこの1年間安定してユーザーを確保。2018年10月にはLINE LIVEを超えてライブ配信アプリでMAUトップとなりました。

着実にユーザー数を伸ばすSHOWROOM

SHOWROOMのMAUは、2016年8月から2018年10月の2年2カ月で約3.3倍に増加。着実にユーザー数を伸ばしています。

SHOWROOMアプリのユーザー数推移
[データ元: App Ape (国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数で、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

SHOWROOMのユーザー層は?

2018年10月のSHOWROOM利用者の性年代別割合を見ると、男性ユーザーが8割を超えています。

SHOWROOMアプリ利用者の性年代別比率
[データ元: App Ape(国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[性年代比:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合]

特に20代と40代の男性が高い割合を占めています。

20代と40代の男性ユーザーは、アプリの利用傾向にどのような特徴があるのでしょうか。手掛かりは、SHOWROOMの同時所持アプリにありました。

同時所持アプリから深掘りするSHOWROOMの特徴

SHOWROOMを同時に所持する割合が高いアプリをApp Apeで紐解くと、2018年10月で最も高いのはFRESH LIVE(フレッシュライブ)、次いでMirrativ(ミラティブ)とライブ配信アプリが名を連ねました。

SHOWROOMアプリと同時に所持されているアプリランキング
[データ元: App Ape (国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[同時所持:対象アプリと同時に所持されているアプリ]

両アプリは半年以上前から常に高い同時所持率を誇っています。

ミラティブは20代男性から高い支持

Mirrativアプリの概要
[Google Playより引用]

ミラティブは簡単にスマホで生放送・実況ができるアプリです。マイクやカメラを用意する必要がなく、スマホ1つですぐにライブ配信を始めることができます。ユーザーはゲームや雑談の実況など自身で配信する他、興味のあるライブ配信コンテンツを自由に選んで見ることができます。

2018年10月のミラティブの性年代比率を見ると、20代のユーザーが最も高い割合を占めています。

Mirrativアプリの性年代比率
[データ元: App Ape(国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[男性(女性)比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーに占める男性(女性)の割合]

動画配信に対する特別な知識や技術がなくても、スマホの画面を数タップするだけで簡単に配信できるという手軽さ。テレビよりもYouTuberなどのアマチュアコンテンツを好む若い層に刺さるコンテンツが数多く揃っている点。これらが若年層をメインとする特徴あるユーザー層につながっていることが伺えます。

40代男性に圧倒的な人気を得るFRESH LIVE

FRESH LIVEアプリの概要
[Google Playより引用]

FRESH LIVEは、地上波のテレビのように様々な番組を会員登録なしですぐに楽しむことができるアプリです。

チャンネルを開設して配信しているのは、GACKTやAAAの與真司郎をはじめとする芸能人や著名人などいわゆる「プロ」がメインです。

2018年10月のFRESH LIVEの性年代比率を見ると40代の割合が40.6%と飛び抜けて高いことが見て取れます。

FRESH LIVEアプリの性年代比率
[データ元: App Ape(国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[男性(女性)比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーに占める男性(女性)の割合]

テレビのようなプロが登場するコンテンツが手軽にスマホで楽しめる体験が、テレビ世代の40代のユーザーに刺さったと考えられます。

SHOWROOMはプロ、アマチュアを「両方取り」

SHOWROOMアプリのイメージ画像
[PRtimesより引用]

ミラティブを支持する20代、FRESH LIVEを支持する40代の双方の年代からの人気が高いSHOWROOMは、プロのコンテンツとアマチュアのコンテンツがバランスよく混ざり合っています。

プロのコンテンツとしてはAKBグループとの連携が大きく、代表格である乃木坂46は、メンバーが月〜金曜日に日替わりで配信しています。

アマチュアのコンテンツとしては音楽配信や雑談などをメインにしています。

自身が配信したりアマチュアのコンテンツを楽しんだりすることをメインとする20代男性ユーザー。AKBグループをはじめとしたプロのコンテンツをテレビのように楽しむ40代男性ユーザー。異なる年代層の支持を集めるコンテンツ要素を兼ね備えていることが、SHOWROOMの特徴的な年代分布に表れているのです。

データからユーザーの実像が浮かび上がる

SHOWROOMはプロのコンテンツとアマチュアのコンテンツがバランスよく混ざり合うことで、20代男性と40代男性という価値観の異なる2つのユーザー層に響くサービスになっているとの考察が、アプリデータを読み解くことで得られました。

2020年に始まると言われている5G通信の時代に向けて、各アプリがライブ配信サービスのプラットフォームを狙う中、圧倒的なシェアを取りに行くのか、ニッチな分野でのユーザー獲得を図るのか、各アプリの動向に今後も注目する必要がありそうです。

このように、アプリのユーザー分析では、表面上の利用者数や性年代別割合だけではなく、ユーザーが同時に所持している他のアプリやサービスを掘り下げることで、ユーザーの実像が浮かび上がってきます。

データを読み解く感性は、アプリのベンチマークやペルソナの設定、マーケティング施策の方針策定などのベースとなる素養として活かすことができるのです。

App Apeはアプリのデータを毎日更新しています。

App Apeは、蓄積するスマホアプリのユーザーの利用データからマーケティングやビジネスの施策のヒントを発見するためのSaaSです。

日間利用者数(DAU)、週間利用者数(WAU)、月間利用者数(MAU)の各ランキングや各アプリの時間帯別利用率、性年代別割合、1日あたりの起動回数、同時所持率が高いアプリ一覧などををいつでもPCやスマホから確認できます。

マーケティングやビジネスのヒントについて新たな視点や切り口で情報が欲しい方、App Apeをもっと詳しく知りたい方はこちらからお気軽にお問い合わせください(お問い合わせにはApp Apeの無料登録が必要となります。登録は1分程度で完了します)。

アプリ市場の動向をメールでお知らせ

最新の市場動向をまとめたレポートや最新記事、App Apeイベント情報をお届けします。ぜひご登録ください。