新元号「令和」発表の瞬間をアプリで生配信 実際にどれくらいの人がアプリを使ったのか?

0 SHARES

日本政府は4月1日、新たな元号を「令和(れいわ)」とすることを決めました。今上天皇の退位前に新元号を公表するのは憲政史上初めてのことです。

菅義偉官房長官による記者会見は、政府がSNSや動画サイトで公式配信。数多くのインターネットメディアがウェブやアプリで生配信するなど、時代を反映した史上初の新元号の発表となりました。

新元号発表の時間帯、生中継をしたアプリの利用動向は通常に比べどう変化したのでしょうか。

アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」のビッグデータから読み解きました。

新元号発表を政府が公式アカウントで生配信

政府は首相官邸公式ツイッター首相官邸FacebookYouTube首相官邸チャンネルで新元号発表を公式ライブ配信。首相官邸インスタグラムでも、政府公式のインスタライブを配信し、他のカメラと別アングルで新元号発表の模様を伝えました。

主要なインターネットメディアとしてはAbemaTVニコニコ生放送 が生中継。AbemaTVは前後の時間に緊急特別番組を放送しました。

通常の平日に比べてどれくらい利用が伸びた?

直近3月の月曜日の時間別平均利用者数と、新元号発表を生配信した4月1日の時間帯別利用者数の差が、元号発表に伴うアプリの利用への影響として捉えることができると筆者は仮定。新元号発表を生配信した主要アプリのうち、Youtube、Twitter、Instagramの数値を「App Ape」で調べました。

[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[時間帯別利用者数:対象の時間帯における、時間別アクティブユーザー数で、1時間に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

Youtubeは午前11時台に通常の月曜日の1.46倍を記録。夜に比べて利用が比較的少ない時間帯にもかかわらず、多くの利用者が新元号発表をYoutubeで目撃したようです。その後、正午には昼休みの時間帯に入ったこともあり、日中の大きなピークを迎えました。

[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[時間帯別利用者数:対象の時間帯における、時間別アクティブユーザー数で、1時間に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

Twitterは、発表があった午前11時台は、通常の1.66倍と平日の午前中としては異例の利用者数を記録。正午の時間帯に通常の月曜日の1.47倍となり、その日一番のピークとなりました。

[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[時間帯別利用者数:対象の時間帯における、時間別アクティブユーザー数で、1時間に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

Instagramは正午台に大きな山を迎え、通常の月曜日の1.3倍となりました。

生配信・ツイート増でTwitterが突出

4月1日のYoutube、Twitter、Instagramの3アプリの時間帯別利用者数を比較するとと、いずれのアプリも正午に大きなピークを迎えました。

特にTwitterが突出していることがわかります。ライブ配信はもちろんのこと、新元号に関するツイート(つぶやき)が大きく伸びたのが影響しました。

[ヤフーリアルタイム検索より引用]

ヤフーリアルタイム検索で「元号」のツイート数を見ると、4月1日の正午前後に急増しているのがわかります。

歴史的瞬間を人々はアプリで目撃

平日午前から昼間にもかかわらず、多くの人がアプリを通じて発表を目撃したことが、数値からも伺える結果となりました。

配信をしたアプリはいずれも通常の月曜に比べ1.3〜1.6倍の利用があり、国民の注目度の高さを証明した形です。

アプリを使って多くの人が歴史的な瞬間を生配信で目撃したことは、スマホが人々の生活に欠かせないインフラとなった現代社会を象徴しているといえるでしょう。

ーーーーー
App Apeでは以上のようなアプリに関するデータを毎日更新しています。無料登録で一部のデータをすぐに確認することが可能です。

アプリの利用ランキングや他のアプリのアクティブユーザーの動向などを知りたい方は、お気軽にこちらからApp Apeの無料版をお試しください。