App Ape モバイルマーケット白書を発行 〜日本人が持っているスマホアプリは平均82個、使っているのは3割〜

ハッシュタグ
App Apeモバイルマーケット白書
0 SHARES

フラー株式会社はこのほど、日本のスマートフォン(スマホ)ユーザーのアプリ利用の実態をまとめた「App Ape モバイルマーケット白書」を発行しました。

白書は2018年1月〜12月にアプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積したアプリの利用データを集計・分析したもので、無料でダウンロードできます。

モバイルマーケット白書を入手する

全てのビジネスパーソンにアプリのデータから得られる有用な情報を

スマホの普及と生活インフラ化の進展により、スマホ上のユーザーの生活様式や特徴を把握できるアプリのデータは、アプリのマーケティングだけでなく、投資判断や事業戦略の策定など様々な分野で活用され始めています。スマートフォンが普及して約10年が経過し、すでにアプリのデータ活用は、各業界を先行する企業だけでなく、すべての企業の事業発展のために必要不可欠な存在となっています。

様々な意思決定や判断の現場でデータの活用が一般的な姿になる中、フラーはモバイルアプリにかかわる全てのビジネスパーソンにアプリのデータから得られる有用な情報を提供しようと、今般の白書作成に至りました。

アプリの所持・利用ともに横ばい、利用率は3割。

2018年日本の月間平均利用アプリ数の各月推移
[App Ape モバイルマーケット白書より]

App Ape モバイルマーケット白書によると、日本のスマホユーザーが所持するスマホアプリ(2018年1月〜12月)は約82個となりました。一方、利用アプリ数25個と利用率は約30%にとどまりました。所持・利用ともに年間を通じてほとんど変化がなく、日本人がスマホにインストールするアプリは3分の2が使われない状態にあることが浮き彫りになりました。

ショッピング、音楽、ゲームは利用率60%超え。数は絞り込み

アプリカテゴリ別アプリ所持数

ユーザーあたりのカテゴリ別所持アプリ数(2018年1月〜12月)を見ると、最多はプリインストールが多い「ツール」カテゴリの19.5個で、実際の利用アプリ数は4.5個でした。
 
一方、ショッピングアプリは所持数3.3個に対し利用が2.4個、音楽は所持2.9個に対し利用2.1個、ゲームが所持5.5個に対し利用3.3個と高い傾向にありました。消費者が選択して使うアプリの数が絞り込まれる中、ベンチマークとするアプリの具体的な機能や役割を自社アプリに置き換えるため、さまざまなジャンルのアプリの動向を踏まえた戦略を練る重要性があらためて浮き彫りになった形です。

データから日本のアプリ市場トレンドが見える

今回紹介したデータのほか、白書では▽スマートフォン利用人口とOS比率▽月間平均利用アプリ数▽モバイルアプリカテゴリー別分析▽カテゴリー別TOP10アプリの市場占有率▽性別・年代別の利用カテゴリー▽月別の性別・年代別アプリ利用動向ーなどを紹介しています。

日本のアプリ市場トレンドが見える白書をぜひご活用ください。

モバイルマーケット白書を入手する