スマホアプリの祭典「App Ape Award 2019」、2020年2月14日に開催決定〜テーマは”最も身近なイノベーション。”参加登録を特設サイトで開始〜

ハッシュタグ
0 SHARES

アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を手がけるフラー株式会社は2020年2月14日(金)、2019年に最も人気や話題を集めたアプリデベロッパーを表彰するとともに、アプリビジネスに関わる共有知を深めるアプリの祭典「App Ape Award 2019」を東京都港区の虎ノ門ヒルズフォーラムで開催します。

参加登録は下記のApp Ape Award 2019特設サイトにて受け付けいたします。今後、ノミネートアプリや登壇者について、特設サイトにて順次発表してまいります。本イベントはお席に限りがございますため、抽選制を取らせていただいております。あらかじめご了承ください。

特設サイトURL:https://award.appa.pe/2019/

”最も身近なイノベーション。” スマホがインフラ化したその後の世界へ

4回を迎える今回のApp Ape Awardのテーマは、”最も身近なイノベーション。”です。

2010年代の生活者にとっての最も身近なイノベーションと、人類にとっての一番の変化は、スマホといっても過言ではありません。

Appleが2008年に日本で発売したiPhone3Gから広がったスマホとスマホアプリは、生活インフラとして目覚ましい成長を遂げました。同時に、スマホアプリは常にそばにいる”良きパートナー”として人々を成長させ、時には寂しさを紛らわせ、感情を震わせ、驚きを提供してきました。そして、アプリによって人々が出会い、集い、アプリがあるからこそのコミュニケーションが生まれました。アプリが進化するたびに、人の考えもまた、共に進化していきます。

総務省がまとめた情報通信白書によると、2017年の日本のスマホの個人保有率は初めて60%を超え、20代〜30代の普及率は実に90%を超えました。圧倒的なスピードと高い解像度で世界がつながる第5世代通信規格(5G)も2020年春に開始する予定で、スマホがすべての人々にとって欠かせないインフラとなる未来は実際にすぐ目前にあります。

App Ape Award 2019は、2019年に最も人々の進化に寄与したイノベーションを讃えるとともに、スマホがインフラ化した世界では何が待ち受けており、人々はどう生きていくべきなのか、参加者全員で共有知を深める場として、4回目の開催を迎えます。

開催概要

開催日:2020年2月14日(金)
場所:虎ノ門ヒルズフォーラム(〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目23)
主催:フラー株式会社
入場:無料(事前登録制)
内容:2019年に最も人気や話題を集めたアプリデベロッパーの表彰、モバイルビジネスにまつわる講演、モバイルビジネスにまつわる展示会(詳細は特設サイトにて順次発表します)

公式スポンサー、登壇者を募集しております

App Ape Award 2019では、国内最大規模のアプリの祭典をお支えいただく公式スポンサーを募集しております。枠には限りがございます。お気軽に弊社社員までお問い合わせください。

また、App Ape Award 2019では、当日のセッションに登壇していただくスピーカーを募集しております。モバイルビジネルにまつわるさまざまなご経験や話題をお持ちの方々のご登壇をお待ちしております。

特設サイトURL:https://award.appa.pe/2019/

App Apeとは?スマホユーザーを最も理解できるサービス

App Ape(アップ・エイプ)は、スマホアプリの実利用データを提供する、国内No.1のアプリ分析サービスです。(Fastask調べ)
 テレビにおける視聴率情報のスマホ版のような位置付けで、どのアプリがいつ・誰に・どのくらい使われているかといったデータをご覧いただけます。データは国内のみならず、世界7カ国に対応しております。

スマホアプリの実利用データに加え、ストア情報や属性情報など横断的なデータを提供しており、市場・競合調査を始めとするアプリの企画・マーケティングに 幅広くご利用いただけます。
アプリ開発会社や広告代理店・金融機関など、アプリに関わる法人・個人様にご活用いただいており、これまでに国内外5,000社以上の企業・団体様にご利用いただいております。

App Apeの詳細ページ:https://ja.appa.pe/