” 自宅ではググって動画視聴、外出先では写真を撮って確認。でもインスタ投稿はあとで ” ロケーション別のアプリ利用ランキング

0 SHARES

App Ape Lab編集部はこのほど、スマートフォンユーザーからの許諾を受けた上で収集・提供を受けたスマホアプリの位置情報とアプリのデータを掛け合わせた「ロケーション別のアプリ利用動向」について調査を実施しました。

アプリ利用時の位置情報と、アプリのストア情報を組み合わせ、各ロケーション別の起動回数を推計しランキング化。各アプリの順位を見ると、ロケーション別に特徴ある動向を読み取ることができました。

調査の概要

個別に許諾を得たモニターユーザー504名の行動ログをもとに、独自の推定モデルを用いてユーザーのロケーションを▽自宅▽職場・学校▽外出(出張・外食)▽遊び▽その他の場所ーーの5つに区分。アプリ分析・モバイル市場モニタリングツール「App Ape」のスマホアプリ利用データと掛け合わせ、ロケーションごとにスマホアプリの起動回数を累計し、ランキング化しました。データの集計期間は2017年7月1日~12月31日で、アプリ名とカテゴリ名はGoogle Play 2017年12月時点のものを参照しました。

自宅で利用される、検索と動画閲覧

各ロケーションのアプリの起動回数ランキングは以下の通りとなりました。

[個別に許諾を得たモニターユーザー504名の行動ログをもとに、独自の推定モデルを用いてユーザーのロケーションを▽自宅▽職場・学校▽外出(出張・外食)▽遊び▽その他の場所ーーの5つに区分。App Apeのスマホアプリ利用データと掛け合わせ、ロケーションごとにスマホアプリの起動回数を累計し、ランキング化した。データの集計期間は2017年7月1日~12月31日。]

調査期間中に自宅で最も利用があったアプリは、Webブラウザアプリ「Google Chrome」でした。他のロケーションではコミュニケーションアプリ「LINE」が1位でしたが、自宅でスマホを使う際は「まずはググる(ブラウザを立ち上げてグーグルで検索する)」シーンが多いことが伺えます。

他のロケーションでは10位以下の「Youtube」が7位にあることも、自宅でのスマホアプリ利用の大きな特徴です。自宅での余暇をYouTube動画視聴に充てるという”生活習慣”と、データ通信量が膨大となることから自宅の無線LANに接続して パケット代の節約につなげるという”経済合理性”の両極面が自宅でのYouTube視聴に大きく寄与していることが推察されます。

ロケーション別のアプリ起動回数をカテゴリーでランキング化したのが以下の表です。

[個別に許諾を得たモニターユーザー504名の行動ログをもとに、独自の推定モデルを用いてユーザーのロケーションを▽自宅▽職場・学校▽外出(出張・外食)▽遊び▽その他の場所ーーの5つに区分。App Apeのスマホアプリ利用データと掛け合わせ、ロケーションごとにスマホアプリの起動回数を累計し、ランキング化した。データの集計期間は2017年7月1日~12月31日。]

自宅を軸にしてみた場合、上位の順位にロケーションによる大きな差異はないものの、Youtubeが属する8位のVIDEO_PLAYERS(動画プレイヤー&エディタ)やAmazonの「プライム・ビデオ」や「TVer」「GYAO!」が属する10位のENTERTAINMENT(エンタメ)が他のロケーションに比べ自宅での順位が高かく、スマホを介した行動様式を反映した結果となりました。

出張・外食時には“写真を撮る、見る”

[個別に許諾を得たモニターユーザー504名の行動ログをもとに、独自の推定モデルを用いてユーザーのロケーションを▽自宅▽職場・学校▽外出(出張・外食)▽遊び▽その他の場所ーーの5つに区分。App Apeのスマホアプリ利用データと掛け合わせ、ロケーションごとにスマホアプリの起動回数を累計し、ランキング化した。データの集計期間は2017年7月1日~12月31日。]

外出時のアプリ利用の傾向をランキングから読み解くと、「写真閲覧アプリ」の順位が他のロケーションに比べ高いことが分かりました。

「アルバム」は、スマートフォン端末メーカーが提供しており、スマートフォンで撮影・保存した写真を閲覧・整理するプリインストールアプリです。「Google フォト」は「アルバム」と同様の機能に加えて、クラウド上の写真を併せて閲覧できます。今回の調査での「外出」というロケーションは、自宅や職場学校ではない特定の場所に外食や出張で一定時間以上滞在しているユーザーをカウントしています。休日や移動中に撮影した写真を出張や外食の合間に見たり整理したりしている姿が想像できます。

カメラアプリと写真閲覧アプリは週末に伸びる

写真閲覧アプリの利用が比較的高いことを踏まえた上で、写真を撮影する「カメラアプリ」に視点を向けると、カメラアプリ「Foodie」の起動回数は他のロケーションに比べ外出時に高い傾向にあることに気がつきました。

[個別に許諾を得たモニターユーザー504名の行動ログをもとに、独自の推定モデルを用いてユーザーのロケーションを▽自宅▽職場・学校▽外出(出張・外食)▽遊び▽その他の場所ーーの5つに区分。App Apeのスマホアプリ利用データと掛け合わせ、ロケーションごとにスマホアプリの起動回数を累計し、ランキング化した。データの集計期間は2017年7月1日~12月31日。]

Foodieは食べ物の撮影はもちろんのこと、いわゆる「インスタ映え」を狙ったカメラフィルターを多数搭載したアプリです。外出先でカメラアプリで写真を撮影し、写真閲覧アプリですぐに整理するーーという行動が透けて見えます。

外出の中でも特にどんな日にユーザーは写真閲覧アプリやカメラアプリを起動するのでしょうか。ヒントを探るため、Googleフォトの利用の日間利用者数(DAU)の傾向をアプリ分析プラットフォーム「App Ape」(アップ・エイプ)」で見ると、週末に伸びる傾向が読み取れました。

[データ元: App Ape(国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[DAU (Daily Active Users): そのアプリの対象期間における、日間アクティブユーザー数であり、1日に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

Foodieも同様に休日にDAUが伸びる傾向にありました。週末の外出先でご飯を食べる際にスマホのカメラアプリを使って「インスタ映えする写真」を記録し、写真閲覧アプリで写真を整理するという一連の可処分時間の使い方が見えてきました。

[データ元: App Ape(国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[DAU (Daily Active Users): そのアプリの対象期間における、日間アクティブユーザー数であり、1日に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

写真にフォーカスしたSNSの利用もロケーションで違いがあるかもしれないーー。そんな仮説を念頭に、ロケーション別のSNSアプリの起動回数ランキングを見ると、「Instagram」の順位は自宅で最も高く、外出先で最も低いことが分かりました。

[個別に許諾を得たモニターユーザー504名の行動ログをもとに、独自の推定モデルを用いてユーザーのロケーションを▽自宅▽職場・学校▽外出(出張・外食)▽遊び▽その他の場所ーーの5つに区分。App Apeのスマホアプリ利用データと掛け合わせ、ロケーションごとにスマホアプリの起動回数を累計し、ランキング化した。データの集計期間は2017年7月1日~12月31日。]

カメラアプリで撮影して写真閲覧アプリで確認・整理した写真は、自宅に帰ってから吟味したりタグ付けしたりして投稿している姿を垣間見ることができます。

ロケーションとアプリの利用動向を掛け合わせれば、ユーザー像が明確になる

ロケーション別のアプリ起動回数ランキングを端緒に、アプリの起動傾向とユーザー行動様式、さらに個別アプリの利用動向を掛け合わせて読み解くことで、ユーザーがどのシーンでどんなアプリを一連の流れの中で使う傾向にあるのかを推測することができました。

今回の場合、カメラアプリについて言及しましたが、他のジャンルのアプリについても同様に一連のユーザーの行動とアプリ利用の実像を推測するのにデータが役立ちそうです。

マーケティングやビジネス戦略を描く際に重要となる「ペルソナ」を設定するには、ユーザーの行動や思考に対する「想像力」が必要となります。実際に想定した通りにユーザーがアプリを起動したり行動したりするかどうかは、想像の範囲を超えることはありません。

しかし、今回の記事で調査に使ったロケーション別のデータとアプリ利用の動向を掛け合わせれば、おぼろげだったペルソナの解像度が上がり、明確な線として戦略に生かすことができるのです。

今回のロケーション別のランキングデータやアプリの利用動向についてさらに詳細をお知りになりたい方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。(お問い合わせにはApp Apeの無料登録が必要となります。登録は1分程度で完了します)。

App Apeはアプリのデータを毎日更新しています。

App Apeは、蓄積するスマホアプリのユーザーの利用データからマーケティングやビジネスの施策のヒントを発見するためのSaaSです。

日間利用者数(DAU)、週間利用者数(WAU)、月間利用者数(MAU)といったアクティブユーザー数の各ランキングや各アプリの時間帯別利用率、性年代別割合、1日あたりの起動回数、同時所持率が高いアプリ一覧などををいつでもPCやスマホから確認できます。

マーケティングやビジネスのヒントについて新たな視点や切り口で情報が欲しい方、App Apeをもっと詳しく知りたい方はこちらからお気軽にお問い合わせください(お問い合わせにはApp Apeの無料登録が必要となります。登録は1分程度で完了します)。

アプリ市場の動向をメールでお知らせ

最新の市場動向をまとめたレポートや最新記事、App Apeイベント情報をお届けします。ぜひご登録ください。