日本人が所持するスマホアプリは平均99個、実際に使うアプリは38個

ハッシュタグ
0 SHARES

 フラー株式会社は、アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」で提供するアプリの各種データを生かし、さまざまな視点からモバイルマーケットを読み解く “モバイルマーケット白書 2019” を作成しました。

 モバイルマーケット白書は2019年1月〜12月にApp Apeで蓄積したアプリの利用データを集計・分析しました。スマホアプリの利用動向から人々の“半歩先”を読み解き、あらゆるビジネスに役立てるためのヒントとしてぜひご活用ください。

 下記の特設ページからモバイルマーケット白書を無料でダウンロードできます。

モバイルマーケット白書 2019を入手する:https://ja.appa.pe/reports/whitepaper-mobilemarket-2019/

モバイルマーケット白書の紹介(一部抜粋)

①日本人が所持するスマホアプリは99個、実際に使うアプリは38個
  2019年12月のユーザーあたりの平均所持アプリ数は99.3個、利用アプリ数は37.5個で、所持アプリに対する利用率は37.7%となりました。19年1月に比べ所持が13個、利用が9個増加した形です。スマホのインフラ化の進展 やモバイル決済アプリの登場、スマホ画面の大型化などが要因として挙げられます。所持・利用ともに12月が数値が最も高く、スマホアプリ市場が引き続き拡大傾向にあることを示しています。

②最も所持数が多いカテゴリはツール、利用率はファイナンスが高い
 2019年12月のカテゴリ別の一人当たり所持アプリ数で最も多かったカテゴリは「ツール」の20.2個です。 キャリア端末のプリインストールが カテゴリに多いことが作用していると推察されます。 一方、一人当たりの所持アプリ数に対し、アプリ利用率が最も高いカテゴリは「ファイナンス」となりました。 一人当たりの所持アプリ数は約1.8個と多くはありませんが、そのうち利用アプリ数が 約1.4個、利用率が80.6%と高く、モバイル決済に代表されるフィンテックの波が一気に押し寄せたことが影響したもようです。

モバイルマーケット白書・目次
01  世界モバイル市場概要
1) スマートフォン利用人口とOS比率
2) 月間平均利用アプリ数

02  モバイルアプリカテゴリー別分析
1) 主要カテゴリー別所持および利用アプリ数
2) 主要カテゴリー別詳細

03  モバイルアプリカテゴリー総論
1) カテゴリー別MAU TOP10アプリの市場占有率
2) 全カテゴリーのうち、各カテゴリーのMAU比率

04 モバイルアプリユーザー総論
1) 性別・年代別ユーザー詳細分析

05 パブリッシャー別調査
1) 主要パブリッシャー分析

モバイルマーケット白書 2019を入手する:https://ja.appa.pe/reports/whitepaper-mobilemarket-2019/

App Apeとは?アプリユーザーを最も理解できるサービス

 App Ape(アップ・エイプ)は、スマホアプリの実利用推計データを提供する、国内No.1のアプリ分析サービスです。(Fastask調べ)
。テレビにおける視聴率情報のスマホ版のような位置付けで、どのアプリがいつ・誰に・どのくらい使われているかといったデータをご覧いただけます。データは国内のみならず、世界7カ国に対応しております。

スマホアプリの実利用推計データに加え、ストア情報や属性情報など横断的なデータを提供しており、市場・競合調査を始めとするアプリの企画・マーケティングやビジネスの戦略策定に幅広くご利用いただけます。

アプリ開発会社や広告代理店・金融機関など、アプリに関わる法人・個人様にご活用いただいており、これまでに国内外5,000社以上の企業・団体様にご利用いただいております。

App Apeの詳細:https://ja.appa.pe/