2020年2月版 ゲームカテゴリーMAUランキング|任天堂の人気タイトルがトップ10に返り咲き

ハッシュタグ
0 SHARES

本記事ではゲームアプリの利用者数の変動を知るために、App Apeで蓄積した2020年2月のゲームカテゴリの月間利用ユーザー数(MAU)ランキング(Android +iOS)を取りまとめました。さらに、その中で気になる変動のあったアプリについて調査しています。

App Apeの詳細はこちら:アプリ分析ツール App Ape
※ 無料版登録でアクティブユーザーのランキングをすぐにご覧になれます。

【2020年2月】ゲームカテゴリーMAUランキングトップ10を発表

2020年2月のMAUランキングトップ10は以下の通りです。

順位アプリ名前月変動(順位)
1位LINE:ディズニー ツムツム0
2位Pokémon GO0
3位モンスターストライク0
4位パズル&ドラゴンズ0
5位LINE ポコポコ+2
6位ドラゴンクエストウォーク-1
7位AQUIZ -アクイズ-1
8位Fate/Grand Order0
9位どうぶつの森 ポケットキャンプ+4
10位にゃんこ大戦争0

※毎月のランキングにご興味ある方はこちらから登録して最新の情報をどうぞ。

前月のランキングと比べて、上位は大きな順位変動はなく、不動の長期運営タイトルが名前を連ねています。
しかし、5位以降に小さな変動がありました。9月12日にリリースされ、それまでランキング上位にいた「ドラゴンクエストウォーク」に変わり、5位には通信アプリのLINEと連動したマッチングアプリゲーム「LINEポコポコ」がランクイン。
また、9位には「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が前月ランキング外から一気に10位以内にランキング入りしました。そこで今回は、大きな変動のあった「どうぶつの森 ポケットキャンプ」にフォーカスを当ててご紹介していきます。

※App Apeの有料会員様はこちらからゲームカテゴリーのMAUランキングにアクセス可能です。

任天堂の人気IP「マリオカートツアー」「どうぶつの森 ポケットキャンプ」で入れ替わりが発生

まずは以下のMAUランキングの推移をご覧ください。

[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数]

上記は2019年9月から2020年2月までの「マリオカート ツアー」と「どうぶつの森 ポケットキャンプ」のMAUランキングの推移です。
9月に配信以降、根強い人気だった「マリオカートツアー」が9位からトップ10圏外に脱落しました。その代わり、同社の人気IP「どうぶつの森ポケットキャンプ」が前月のランク外からトップ10内にランクインしています。

Note

  • WAU (Weekly Active Users):そのアプリの対象期間における、週間アクティブユーザー数
  • データ元: App Ape (国内数万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による

「マリオカートツアー」は配信された9月末以降、徐々に継続利用者数が減少傾向にあり、配信時に加熱した人気が徐々に落ち着いていく様子がグラフから見て取れます。ゲームカテゴリーのアプリは、配信直後は新作という話題性で一気に新規ユーザーが集まり、その後はある一定のファンが定着する形となり、徐々に横ばいへと落ち着いていく傾向にあります。

そのため、配信後に再びユーザーを集めることが難しく、いかに配信時のユーザーを定着させるのかが各社の課題となっています。そんな中「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が今回ランキングで改めて継続利用者数を増やし、トップ10入りした要因について考察していきます。

※App Apeの有料会員様は下記のリンクから各タイトルのMAUランキング推移を確認できます。
どうぶつの森ポケットキャンプ
マリオカートツアー

ランキング上昇の要因はファンのニーズに応えた”ゲーム内アップデート”

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が再びランキング入りした理由は、2/12に行われたアップデートが大きな要因だったと考察しています。
これまでも、何度となくアップデートは行っていますが、特に今回のアップデートで追加された新機能と機能変更はファンが長らく待ち望んでいた機能であったことが大きなポイントです。

主にアップデートで変更・追加された点は以下3点です。

  • 家具のレイアウトが楽しめる「コテージ2階」の解放
  • これで1つずつ使用する必要があったアイテム「フォーチュンクッキー」をまとめて使用できる機能
  • ロード画面で楽しめる「間違い探し」に新しい問題が追加

特に「コテージ2階」の解放は、ユーザーが待望していた要素です。
これまでのコテージの部屋は1つしかなく、レイアウトに制限がありました。しかし、今回のアップデートによってレイアウトの幅が広がり、それを待っていたユーザーが「コテージ2階」の解放を含めた新要素を楽しむべくゲームをプレイしたと考えられます。

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」公式Twitterアカウントへの各リアクションを見ると、アップデートに関するツイートへの「リツイート」や「いいね」といったユーザーの反応数が通常よりも多いことが見て取れます。この数字からもゲームファンが強く望んでいた機能であったことは明らかと言えるでしょう。
ユーザーの声に耳を傾け、ニーズに沿ったイベント・アップデートが効果的に働いた結果が今回のランキング上位化に繋がったのではないでしょうか。

改めて今回のランキング上位化には、ユーザー定着のためのエンゲージメントを意識した運営が重要と言えます。そのために必要になる、リテンションレートの向上の必要性について考察していきます。

新規インストールよりもリテンションレートの向上がLTVに直結する

ゲームカテゴリのランキングを観ていただいてもわかる通り、中長期に渡って同じタイトルがランキングを席巻しています。ダウンロード数を向上させるよりも、1ダウンロードあたりのリテンションレート(継続率)を極力高め、アクティブユーザーを積み上げていくことが大事です。
App Apeの無料版では、どなたでも無料で主要アプリのリテンションレートを見ることができます。ぜひご登録の上ご活用ください。

App Apeの詳細はこちら:アプリ分析ツール App Ape
※ 無料版登録でアクティブユーザーのランキングをすぐにご覧になれます。

App Apeはアプリビジネスの成功をサポートします。

App Apeは、蓄積するスマホアプリのユーザーの利用データからマーケティングやビジネスの施策のヒントを発見するためのSaaSです。

日間利用者数(DAU)、週間利用者数(WAU)、月間利用者数(MAU)や各アプリの時間帯別利用率、性年代別割合、起動回数などをいつでもPCやスマホから確認できます。
マーケティングやビジネスのヒントについて新たな切り口で情報が欲しい方、App Apeをもっと詳しく知りたい方はこちらからお気軽にお問い合わせください(お問い合わせにはApp Apeの無料登録が必要となります。登録は1分程度で完了します)。

アプリ市場の動向をメールでお知らせ

最新の市場動向をまとめたレポートや最新記事、App Apeイベント情報をお届けします。ぜひご登録ください。