【新常態】電子書籍・コミックアプリは緊急自体宣言解除後も利用が習慣に?

0 SHARES

App Ape Labの日影(@kozo_hikage)です。

新型コロナウイルス危機に伴う緊急事態宣言の解除や休業要請の緩和で、人々の生活は再び大きな変化の時期を迎えています。

”ニューノーマル”や”新常態”と表現される新しい生活様式の中で、コロナに伴う”巣篭もり生活”の大きな受け皿となった電子書籍やコミック、動画といった「コンテンツ」を軸とするアプリの利用はどう変化しているのでしょうか。

アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」のデータから探りました。

緊急事態宣言期間中はコンテンツ消費が拡大

[データ元: App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[DAU (Daily Active Users): そのアプリの対象期間における、日間アクティブユーザー数であり、1日に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

App Apeの推計データをもとに、2020年1月15日〜2月14日を平時とした上で、緊急事態宣言期間中(4月7日~5月24日)と、緊急事態宣言解除後(6月1日~6月14日)の主要なコンテンツ系アプリ(▽Kindle▽LINEマンガ▽ピッコマ▽少年ジャンプ+▽YouTube▽Amazonプライム・ビデオ▽Netflix)の平均日間利用者数(DAU)の増減率を見ると、いずれのアプリも緊急事態宣言期間中に大きく利用を伸ばしたことが分かります(対象はAndroid)。

App Apeの推計によると、YouTubeの緊急事態宣言期間中の平均DAUは、平時に比べ9.3%増と外出自粛による巣篭もりの影響を大きく受けました。同様に、Amazonプライム・ビデオは30.3%増、Netflixは9.2%増となりました。

このうち、YouTubeについて各アプリの合計利用時間と月間利用者数(MAU)を集計した上で、4月の1MAUあたりの月間利用時間を見ると、1月に比べ17.9%増の16時間と視聴そのものの時間も大幅に伸びました。毎日のようにアプリを開いて長尺の動画を視聴していた様子が垣間見えます。

[データ元: App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[DAU (Daily Active Users): そのアプリの対象期間における、日間アクティブユーザー数であり、1日に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

紙媒体から置き換わった電子書籍やコミックアプリの利用も大幅に伸びました。

電子書籍アプリ「Kindle」の緊急事態宣言期間中の平均DAUは、平時に比べ20.3%増。コミックアプリのLINEマンガは9.1%増、同じく「ピッコマ」は12.2%増、出版社系の「少年ジャンプ+」は23.4%増となりました。

緊急事態宣言解除後もコンテンツ消費が習慣化

[データ元: App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[DAU (Daily Active Users): そのアプリの対象期間における、日間アクティブユーザー数であり、1日に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

緊急事態宣言解除後(6月1日〜14日)のコンテンツ系アプリの平均DAUを見ると、いずれも平時に比べ依然として高水準であることが見えてきました。

特にKindle、LINEマンガ、ピッコマは、緊急事態宣言期間中以上に利用が拡大しています。書店などに足を運ぶことが難しい期間が長く続いたことに加え、特にコミック系アプリを中心にユーザーに毎日アプリを使用してもらうためのリテンション施策が奏功し、スマホやタブレットなどの電子端末で書籍やコミックコンテンツを読む習慣がユーザーに根付いたと筆者は見ています。

実際、筆者もコミック系アプリのデイリーボーナスが付与される時間に毎日アプリにアクセスし、決まったマンガを読んだり続きを先読みするために課金するなどの行動が以前に比べより顕著になりました。

長期に渡る巣ごもり生活は、多くの人々に不便を強いた一方で、人々が抱える課題やニーズに対して解決方法を提示できたアプリは大きく成長した形です。

新常態の潮流を捉える

長期に渡る外出自粛は、多くの人々のコンテンツ系アプリに関する利用習慣そのものを変容させた可能性があることがApp Apeのデータから見えてきました。

コロナウイルスは今も感染が拡大しており、予断を許さない状況にあることは間違いありません。

一方で、ウィズコロナ・アフターコロナと言われる時代の中で企業が経済活動を継続するには、一連のコロナウイルスを取り巻く事柄が人々の生き方や消費のあり方にどのような影響を与えているのかを把握し、新常態の潮流を捉え続けることが重要になると筆者は見ています。

人々のマインドが大きく揺れ動く中、アプリの利用動向を含む様々なデータから世の中の動向をウォッチしていくことは、経営トップを含め、企業の戦略や意志決定に関わる人々にとってますます重要になりそうです。

App Apeではアプリに関する様々なデータを毎日更新しています。

無料版では、日々の利用情報ランキングや大きな動きがあったアプリを紹介するトレンドランキング、主要SNSアプリの利用情報、各アプリのストア情報のサマリーを見ることができます。アプリの最新動向や人気をウォッチしたり調査したりする方法を探している方におすすめです。

まずは無料版で日々のアプリチェックやベンチマーキングにApp Apeのお気に入り機能をフルにご活用ください。