スポーツアプリのコロナ禍での変化|無観客開催で、オンライン観覧定着か?

ハッシュタグ
0 SHARES

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、野球やサッカーといったスポーツの試合は軒並み延期となりました。しかし、コロナが収束に向かい始めた今、プロ野球やサッカーJリーグの開幕日が決定し、少しずつスポーツのある日常を取り戻しています。

新型コロナウイルスはスポーツアプリにどのような影響を及ぼしたのでしょうか。また、各種スポーツの試合が開幕し始めたことで、スポーツアプリに登録しているユーザーの動向にはどのような変化が生じているのでしょうか。

今回は、スポーツカテゴリのアプリランキング上位5位にランクインしているスポーツアプリの利用データをアプリ分析ツールApp Apeで分析し、週間アクティブユーザー数の推移からアプリユーザーの動向を探っていきます。(数値の対象:Android+iOS合算データ・全ての性年代)

コロナ禍におけるスポーツアプリのユーザー動向を知りたいアプリマーケターは必見の内容となっていますので、ぜひ参考になさってください。

App Apeの詳細はこちら:アプリ分析ツール App Ape
※ 無料版登録で、主要アプリの利用データ・アプリの各種ランキングを、すぐにご覧になれます。

6月に入り、スポーツアプリのユーザー数急増!

▼スポーツカテゴリ週間アクティブユーザー数(WAU)ランキング(2020年6月1日〜7日週)

順位アプリ名前週比
1位スポナビ 野球速報+70.6%
2位スポーツナビ+14.8%
3位JRA(競馬情報アプリ)+23.3%
4位DAZN(スポーツ中継アプリ)+82.9%
5位YAMAP / ヤマップ(登山GPSアプリ)+18.8%

Note

  • データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による
  • WAU(Weekly Active Users):そのアプリの対象期間における、週間アクティブユーザー数で、週に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

前週の週間アクティブユーザー数と比較すると、全てのアプリでユーザー数が増加していることがわかります。特にスポナビ野球速報とDAZNは、それぞれ前週比+70.8%、+82.9%とユーザー数の大幅な増加が見られました。

ランクインしたアプリのユーザー数推移を週間でサーチ

次に、ランクインしたスポーツアプリの中から「スポナビ野球速報」「JRA」「DAZN」の週間アクティブユーザー数の推移をデータ分析していきます。

スポナビ 野球速報|19日からのプロ野球公式戦開幕に向けて、ユーザー急増

[データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による]
[WAU(Weekly Active Users):そのアプリの対象期間における、週間アクティブユーザー数で、週に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

長い延期期間を終え、いよいよ6月19日より開幕したプロ野球。上のグラフは、プロ野球のリアルタイム速報や選手情報などがチェックできるスポーツアプリ「スポナビ野球速報」における、2020年1月6日から2020年6月8日までの週間アクティブユーザー数の推移を表したものです。

この半年間の推移を見ると、2020年3月と2020年6月にユーザー数が急増していることがわかります。

2020年3月にユーザー数が増加した理由は、プロ野球のオープン戦が始まったからだと考えられます。この頃は新型コロナウイルスによる自粛が始まる前だったため、オープン戦に合わせてユーザー数が増えたのだと考えられます。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりプロ野球の開幕延期が決定。それと同時にユーザー数が大幅に減少し、オープン戦が始まる前と同程度にまで落ち込みました。

次にユーザー数が急増したのは、6月1日週以降です。
公式戦の開幕に向け、プロ野球の練習試合は6月2日から始まっています。6月1日週にユーザー数が大幅に増加した理由は、練習試合の様子をアプリ内で公開したのが要因だと推測されます。その結果、自粛前のプロ野球オープン戦のときと変わらないぐらいのユーザーが戻ってきました。

プロ野球の公式戦は6月19日から始まります。その期間のユーザー動向をチェックしたい場合は、アプリ分析ツール「App Ape」をご活用ください。

まずは、無料登録から!

JRA|自粛中も、無観客での競馬開催でアプリユーザー維持

[データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による]
[WAU(Weekly Active Users):そのアプリの対象期間における、週間アクティブユーザー数で、週に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

次に、競馬情報をリアルタイムでチェックできるスポーツアプリ「JRA」のユーザー動向を見ていきましょう。上のグラフは、2020年1月6日から2020年6月8日までの週間アクティブユーザー数の推移を表したものです。

上図を見ると、5月末から6月頭にかけてユーザー数が急増していることがわかります。自粛前と比べても大幅にユーザー数が増えていることから、JRAアプリは新型コロナウイルスの影響をほとんど受けていないと推測されます。

アプリのユーザー数に変化が見られない理由は、無観客でも競馬自体は開催されていたからでしょう。JRAは2月29日以降の中央競馬について、観客を入れずに開催する「無観客競馬」を実施していました。競馬はオンラインでも馬券を買って参加することができるため、自粛中であってもそれほどユーザー数が減少することはなかったのだと考えられます。

DAZN|6/2からの練習試合で、1月の平常まで持ち直す

[データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による]
[WAU(Weekly Active Users):そのアプリの対象期間における、週間アクティブユーザー数で、週に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

最後に、スポーツ中継をいつでもどこでもリアルタイムで楽しめるスポーツアプリ「DAZN」のユーザー動向を分析します。上のグラフは、2020年1月6日から2020年6月8日までの週間アクティブユーザー数の推移を表したものです。

新型コロナウイルスによって各種スポーツが延期された影響で、自粛が始まった3月ごろから5月後半にかけてユーザー数が落ち込んでいたものの、6月に入ったころから急増し、1月の水準を取り戻しつつあります。

さらに、6月2日よりプロ野球の練習試合が再開され、その様子がDAZNアプリ内で中継されました。6月に入ってからのアクティブユーザー数の急増は、練習試合のライブ中継が影響しているものと考えられます。

参考:6月19日(金)プロ野球公式戦開幕を控え、6月2日(火)〜の練習試合のインターネット配信が決定

Note

  • データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による
  • WAU(Weekly Active Users):そのアプリの対象期間における、週間アクティブユーザー数で、週に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数
  • 所持ユーザー数:そのアプリの対象期間におけるApp Apeのパネルユーザーのうち、所持しているユーザーの割合 × 日本のAndroid利用者数

上のグラフは、DAZNの所持ユーザー数の割合の推移と週間アクティブユーザー数の割合の推移を同じグラフで表したものです。
所持ユーザー数、週間アクティブユーザー数のいずれも、2020年1月6日〜12日週の数値を100%として、翌週以降に上がったのか、下がったのかを表しています。

所持ユーザー数の推移を週間で見てみると、自粛前の2020年1月から徐々に再開されつつある2020年6月までの期間において、所持ユーザー数の割合に大きな変化はありませんでした。スポーツが自粛している間も、ユーザーはアンインストールはしていないことがわかります。

また、6月に入ってから週間アクティブユーザー数は急増していますが、所持ユーザー数の伸びはそれほど見られません。つまり、自粛期間中にアプリを利用していなかったユーザーが、6月に入ってから再び利用し始めたのだと考えられます。

まとめ

スポーツアプリのユーザー動向をデータ分析した結果は以下のとおりです。

・6月に入って無観客試合が開催されるようになり、オンラインでの試合の観覧・情報収集をする人が増加。
→スポーツアプリのユーザー数は自粛前と同程度の水準まで回復した。
・競馬アプリ「JRA」に関しては、自粛期間中もアプリユーザ数の変化はほとんど見られなかった。「無観客競馬」として新型コロナウイルスの蔓延中は客を入れずに開催し、ユーザーはインターネット上で馬券を購入し参加できたことが要因だと考えられる。

さらに詳しいデータや他のアプリの時間帯別アクティブユーザーの動きを知りたい方は、お気軽にこちらからApp Apeの無料版をお試しください。

App Apeではアプリに関する様々なデータを毎日更新しています。

App Apeは、アプリのさまざまな利用データから、マーケティング施策や今後の戦略のヒントを見つけ出すSaaSツールです。無料登録で、下記のデータをPCやスマホからいつでもご確認いただけます。

  • アクティブユーザー数のランキング
  • 急成長しているアプリがわかるトレンドランキング
  • 主要SNSアプリの利用時間帯や性別年代比
  • 各アプリのストア情報のサマリー など


アプリの最新動向や市場の傾向を知りたい方におすすめです。
まずは、こちらから無料版でApp Apeをご利用ください。

アプリ市場の動向をメールでお知らせ

最新の市場動向をまとめたレポートや最新記事、App Apeイベント情報をお届けします。ぜひご登録ください。