【2020年最新版】スマホアプリ市場の理解に役立つ7つの情報ソース

0 SHARES

人々の生活インフラとしてスマートフォン(スマホ)が広く浸透するのに伴い、ここ数年で一気に存在感が高まっているのが、スマホアプリに関する利用動向や市場環境、ユーザー属性などのデータや情報です。

消費者や世の中の動きを捉えられるだけに、新規事業開発や事業計画作り、DX戦略の策定、マーケティングやビジネスにおける意思決定など様々な場面で、スマホアプリの市場規模やアプリのユーザー動向について調べる機会が増えているビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。

今回の記事では、スマホアプリ市場について理解を深めるのに役立つ7つの情報ソースを紹介します。

複数の視点から統計や情報を収集し、調査・リサーチだけでなく、日々の世の中のトレンドや動向を把握したい”情報通”の読者もぜひブックマークしておきたい内容です。

スマホアプリ市場を理解するための7つのソース

スマホアプリ市場を理解、把握するのに役立つソースを▷どのようなことを知ることができるのか▷スマホアプリ関連の情報をどのような視点で紹介しているのか▷どうやって手に入れるのか?ーーの3点にポイントを絞ってまとめました。

①App Apeモバイルマーケット白書(フラー)

ポイント:
▷アプリの実利用データをもとに調査
▷スマホアプリのカテゴリ別市況やユーザー動向がわかる
▷無料で入手可能。記事などでの活用も可能

App Apeモバイルマーケット白書は、フラーが手がけるアプリ分析ツール「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積するアプリの実利用データをもとに取りまとめたスマホアプリの利用動向に関する白書です。

1ユーザーあたりの平均所持・利用アプリ数、スマホアプリのカテゴリー別のMAUランキングや各カテゴリーにおけるユーザーの性年代別割合、MAUを基準としたアプリパブシッシャーのシェアなど、スマホアプリ市場をより個別に理解するのに有用なデータを取りまとめています。

App Apeモバイルマーケット白書は、下記のリンクから誰でも無料で手に入れることができます。一般的な引用のルールに基づく限り、記事コンテンツや資料などでのデータ利用も可能です。

フラー:App Apeモバイルマーケット白書

②情報通信白書(総務省)

[情報通信白書(総務省)の表紙]

ポイント:
▷日本のICTに関する全体状況を網羅
▷国内のスマホ利用の状況がわかる公式資料
▷HPから誰でも閲覧可能。PDFやエクセル・CSVデータも入手可能

政府が調査・公表しているスマホアプリ関連を含むICT産業の市場動向の基礎資料としてメディアや論文など様々な場面で引用されているのが、総務省が発行する情報通信白書です。昭和48年(1973年)から毎年取りまとめています。

情報通信業基本調査や通信利用動向調査など総務省が実施する各種調査の結果をもとに、ICT産業の市場規模、雇用者数、ICTサービスの利用動向などを示すデータを幅広く紹介しています。

スマホアプリに関する情報については、モバイル端末からのインターネット利用率やモバイル端末からのインターネット利用の平均時間など日本全体の状況を把握するのに非常に有用な資料となっています。下記のリンクから入手できます。

令和元年版情報通信白書

最新版は令和元年(2019年)版で、特設ウェブサイトで全文公開しているほか、PDF版や関連するデータのエクセル・CSVもダウンロードできます。出典を明記するなどの引用のルールに基づく限り、さまざまな資料や記事などで活用が可能です。

令和元年版情報通信白書の二次利用について

③ケータイ社会白書2019年版(モバイル社会研究所)

[ケータイ社会白書2019年版の表紙]

ポイント:
▷日本のスマホや携帯電話の利用状況がわかる
▷スマホに関する幅広い視点から独自調査が特徴
▷HPから誰でも入手可能。情報の利用は営利、非営利を問わず原則自由

モバイル社会研究所は「通信業界の直接の利害を離れ、自由独立の立場から、モバイルICTがもたらす光と影の両面を解明し、その成果を社会に還元すること」を目的としたNTTドコモの社会科学系の研究所です。

同研究所が手がける『ケータイ社会白書2019年版』は、スマホや携帯電話の利用状況をまとめたデータブックです。過去10年間のモバイルや情報通信技術に関する動向やスマホのシェア、子どもやシニアのスマホの利用実態、スマホに関するマナーへの考え方など幅広い視点で独自に調査した結果をデータとして取りまとめています。

複数の視点からスマホやスマホアプリの現況についてとりまとめた有用なデータとして活用できるでしょう。下記のリンクからアクセスできます。

モバイル社会研究所:ケータイ社会白書2019年版

資料やデータは全文、要約版を含め同研究所ウェブサイトからダウンロードできます。また、出典元を明記するなどの一般的な引用のルールに基づく限り、商用利用も含め情報の利用は営利、非営利を問わず原則自由となっています。

NTTドコモ モバイル社会研究所ホームページ:サイトご利用にあたって

④メディア定点調査2020(博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所)

[メディア定点調査2020の表紙]

ポイント:
▷メディアと生活を軸に定点調査
▷スマホとメディアの利用実態や変化の兆候がわかる
▷HPから入手できる。規約の範囲内でのデータ活用も可能

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(メ環研)が毎年実施している メディア定点調査2020は、生活者とメディアを視点にテクノロジーの発展と受容の姿を明らかにする調査です。

時系列で分析が可能なメディアに専門特化した定点調査というだけでなく、性年代別の分析や地区間での比較も可能なデータとなっており、多様な質問項目から人々のメディア利用の実態やメディアサービス・市場の現状、これらの変化の兆しを捉えることができる有用なデータとなっています。

スマホ関連では、スマホを含むメディアへの接触時間やスマホ保有率、メディアに対するイメージ、メディアサービスの利用実態を定点観測して毎年取りまとめています。

最新は2020年版です。調査結果はメ環研のウェブサイトで閲覧できます。

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所:メディア定点調査2020

調査結果をまとめたグラフ(パワーポイント、画像データ)は自由にダウンロードができます。規約の範囲内でのデータ活用も可能です。

⑤App Trends 2020(Adjust)

[App Trends 2020の表紙]

ポイント:
▷モバイルアプリ市場の最新動向を分析
▷アプリマーケティングのベンチマークが分かる
▷無料で入手可能。

モバイル広告の計測プラットフォームを提供するAdjustは、モバイルに関するデータを蓄積する中で、スマホアプリに関するデータや各種資料を数多く配布しています。

App Trends 2020」は、Adjustのデータを基にモバイルアプリ市場の最新動向を分析。今後の展望や施策の最適化に向けたポイントを紹介しています。アプリマーケティングを実践する上でベンチマークとなる数値指標のほか、新型コロナウイルスが及ぼすアプリ市場への影響などについてもトピックとして取り上げています。

「App Trends 2020」は下記のサイトから無料で手に入れることができます。

Adjust:App Trends 2020

⑥Internet Trends(Mary Meeker 氏)

[Internet Trends 2019ウェブサイトより]

ポイント:
▷世界のモバイルの動向を把握
▷アプリのトレンド予測などがわかる
▷無料で入手可能

ベンチャーキャピタリストの Mary Meeker 氏が毎年取りまとめている、インターネットを巡る動向をまとめた世界的に有名なレポートです。

レポートではスマホの出荷台数やトレンド予測といったスマホアプリに関するトピックも取り上げています。最新版は2019年版です。

レポートは下記のページから入手できます。本文は英文となっています。

Internet Trends 2019

⑦App Ape無料版(フラー)

ポイント:
▷世界のスマホアプリのランキングを毎日更新
▷アプリのストア情報を網羅
▷無料で利用可能

アプリ分析ツール「App Ape」の無料版は、アプリのストアランキングや実利用データに基づく利用者数ランキングなどスマホアプリ市場全体の動向を毎日把握するのに役立つ情報が得られるツールです。

日々の利用情報ランキングや大きな動きがあったアプリを紹介するトレンドランキング、主要SNSアプリの利用情報、各アプリのストア情報のサマリーを見ることができます。

生活に欠かせないインフラとなったスマホを人々がどのように使っているのか、リアルタイムに近い形で知ることができます。

App Apeは1分ほどの無料登録の後、すぐに利用することができます。

App Apeウェブサイト

情報は”複数のソース”で収集する

スマホアプリの市場規模や利用動向について効率的かつ密度の高い情報収集をするのには、大きなハードルがあるのが現状です。

さまざまなウェブサイトやサービスに情報やデータが散逸している上、スマホアプリ市場やユーザーの姿の捉え方はまちまちだからです。

今回紹介した資料やサービスは、スマホアプリ市場に関する情報を複数のソースから収集し、全体像を浮き彫りにする上で役立つものばかりです。

それぞれのリリースタイミングで定点観測をすることで、市場の大きな変化にも気づくことができるはずです。

ぜひ全ての資料やサービスにアクセスして情報のインプットやビジネスの戦略策定などにお役立てください。

App Apeではアプリに関する様々なデータを毎日更新しています。

無料版では、日々の利用情報ランキングや大きな動きがあったアプリを紹介するトレンドランキング、主要SNSアプリの利用情報、各アプリのストア情報のサマリーを見ることができます。アプリの最新動向や人気をウォッチしたり調査したりする方法を探している方におすすめです。

まずは無料版で日々のアプリチェックやベンチマーキングにApp Apeのお気に入り機能をフルにご活用ください。