山の日直前!アウトドア・登山アプリの利用が急増?コロナの影響も

ハッシュタグ
0 SHARES

新型コロナウイルスの影響で、多くの人が集まる観光地や施設を避ける動きが加速する中、人が密集しないアウトドアの需要が高まっています。今年の山の日(8月10日)が目前に迫った現在、アウトドアアプリにはどのような変化が生じているのでしょうか。

この記事では、アプリ分析ツール「App Ape」で蓄積するアプリの利用データを調査し、山の日を直前にしたアウトドアアプリの規模感や利用の変化を読み解きます。

具体的には、2020年6月におけるアウトドアアプリの月間アクティブユーザー数(MAU)ランキングから上位5アプリの規模感をお伝えするとともに、ここ1年のMAU推移からユーザー数の変化をチェックしていきます。
さらに、特に利用者の多いアウトドアアプリ「YAMAP」と「ソトシル」の2020年7月における日間アクティブユーザー数(DAU)から、今年の山の日あたりのアプリ利用がどうなるのか予測します。

アウトドアアプリや登山アプリ、旅行アプリの担当をしているマーケターの方に役立つ内容となっていますので、ぜひ参考になさってください!

App Apeの詳細はこちら:アプリ分析ツール App Ape
※ 無料版登録で、主要アプリの利用データ・アプリの各種ランキングを、すぐにご覧になれます。

2020年6月のアウトドアアプリMAUランキング、その結果は?

まずは、2020年6月のMAUランキングから、アウトドアアプリの規模感をみていきましょう。

2020年6月における、「地図&ナビ」「スポーツ」「旅行&地域」カテゴリのMAUランキング上位100位をみて、タイトルに「登山」または「アウトドア」または「山(富山など「山岳」の意味を持たないものは対象外)」が入っているアプリを選出しました。
さらに、そのアプリをMAUの多い順にランキング形式にした結果、「ジオグラフィカ」「ヤマレコ」「YAMAP」「ソトシル」「山と高原地図」の5つのアウトドアアプリが出てきました。

Note

  • データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による
  • MAU(Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数で、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

上のグラフは、最もユーザー数の多い「YAMAP」のMAUを100としたときの各アプリのMAUの割合を表しています。
5アプリのMAU規模を2020年6月のMAU数で見比べてみた結果、「YAMAP」と「ソトシル」のユーザー数が跳びぬけて多いことがわかりました。

各アウトドアアプリの順位、カテゴリ名は以下のとおりです。

MAU順位アプリ名カテゴリ名
1位YAMAPスポーツ
2位ソトシル旅行&地域
3位ジオグラフィカ地図&ナビ
4位ヤマレコ地図&ナビ
5位山と高原地図旅行&地域

アウトドアアプリ「YAMAP」「ソトシル」、コロナの影響でユーザー数増加

[データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による]
[MAU(Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数で、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

上のグラフは、2018年11月から2020年6月における各アウトドアアプリのMAUの成長曲線を表したものです。

「YAMAP」も「ソトシル」も、やはり季節要因として冬の利用は減少しています。
昨年6月のデータと今年のデータを見比べてみると、特に2月以降のユーザー数が「YAMAP」も「ソトシル」も増えていることがわかりました。ユーザー数が増加した要因は、新型コロナウイルスの影響で人が多く集まる場所に行けない中、人が密集しない自然豊かなところに行く人が増えたからだと考えられます。

▼「YAMAP」の特徴

登山アプリ「YAMAP」は、電波が届かない場所でも現在地が一目でわかり、さらに登山ルートや道中の写真などを記録できる登山者必携のアプリです。
「YAMAP」の今年のMAUをみると、2020年3月時点で2019年のMAUの最大月である8月の利用を超しています。さらに、4月以降も利用を伸ばし続けており、2020年6月のMAUは過去最高の利用者数となっています。
また、2019年6月から2020年6月までの1年間で、MAUが1.57倍に伸長。ここ1年で大きく成長していることがわかります。

▼「ソトシル」の特徴

アウトドアアプリ「ソトシル」は、登山やキャンプ、釣り、サーフィンなどアウトドアに関する情報をジャンル別に閲覧したり、ユーザーが投稿した写真を共有したりできるアウトドア情報アプリです。
「ソトシル」は2020年2月にMAUを大きく伸ばしていて、前月比2.25倍と「YAMAP」のMAUに近づきそうな勢いでユーザー数を伸ばしています。

2020年7月の4連休でユーザー数増加、連休前の情報収集にも

[データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による]
[DAU(Daily Active Users):そのアプリの対象期間における、日間アクティブユーザー数であり、1日に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

上のグラフは、2020年7月における「YAMAP」と「ソトシル」の日間アクティブユーザー数(DAU)の推移を表したものです。今年の山の日のアウトドアアプリの利用がどれくらいになるのか規模感を予測するために、7月の4連休あたりのDAU推移をみていきましょう。

「YAMAP」は4連休にDAUを伸ばしており、前週の日曜19日のDAUと比較すると、23日が1.30倍、24日が1.27倍、25日は1.17倍、26日は1.00倍となっています。つまり、7月の4連休にアウトドアを楽しんだ人が通常の平日より多かったことがわかります。

「ソトシル」はキャンプや登山などに行く前の情報収集、グッズ収集に利用されるアプリです。その性質上、連休前の11〜12日、18日〜19日にどこに行こうか検討する人が多かったことから、アプリの利用が伸びたのだと考えられます。

よって、山の日にあてはめて考えてみても、「YAMAP」は連休中に、「ソトシル」は連休前に利用が伸びる傾向があると予測できるのではないでしょうか。

「YAMAP」と「ソトシル」の同時所持率からユーザーの特徴を読み解く

最後に、「YAMAP」と「ソトシル」の同時所持率が高いアプリをみてみましょう。

[データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による]
[同時所持:対象アプリと同時に所持されているアプリ]

「YAMAP」の同時所持アプリは、アウトドアに強いスマホの取扱説明書や、スキー、サーフィン、釣りなどの情報アプリと、アウトドアに特化したアプリが多いのが特徴的です。いろいろな場所に出かけるというよりは、登山やアウトドアに絞って休日を楽しむ人が多いと予想できます。

[データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による]
[同時所持:対象アプリと同時に所持されているアプリ]

一方、「ソトシル」は道の駅や温泉など、特定のレジャースポットに適した地図アプリが多いのが特徴です。「ソトシル」のユーザーは外出が好きで、休日はアウトドアだけではなくレジャースポットなど、興味の幅が広いことがわかります。

[データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による]
[同時所持:対象アプリと同時に所持されているアプリ]

また、「ソトシル」アプリを所持しているユーザーの22.5%が、「YAMAP」を所持していることもわかりました。

まとめ

アウトドアアプリのアクティブユーザー動向を調査した結果、2020年2月以降のMAUが増加していることがわかりました。これは、新型コロナウイルスの影響で密集地を避ける人が増え、人との間隔が取りやすいアウトドアや登山の需要が増えたことが要因だと考えられます。

特にユーザー数が増加したアプリは、登山アプリ「YAMAP」とアウトドア情報アプリ「ソトシル」でした。2020年7月の日間アクティブユーザー数の推移をみると、「YAMAP」は4連休中に、「ソトシル」は連休前に利用者が伸びています。
このことから、山の日を含む連休のアウトドアアプリの利用を予測すると、「YAMAP」のような現在地がわかりルートを記録できるアプリは連休中に、「ソトシル」のようなアウトドア情報が閲覧できるアプリは連休前に利用が増えると考えられるでしょう。

また、2つのアプリの同時所持率を調査すると、「YAMAP」は登山やアウトドアに特化したアプリ、「ソトシル」はレジャースポットに適した地図アプリの所持率が高いことがわかりました。同時所持アプリを調べることで、ユーザーはどう休日を過ごすのか、その特徴がみえてきそうです。

さらに詳しいデータや他のアウトドアアプリのアクティブユーザー動向を知りたい方は、お気軽にこちらからApp Apeの無料版をお試しください。
また、App Apeのサービス概要資料もありますので、下記よりダウンロードしてください。

App Apeの詳細はこちら:アプリ分析ツール App Ape
※ 下記より、App Apeの説明資料をダウンロードできます。

App Apeではアプリに関する様々なデータを毎日更新しています。

App Apeは、アプリのさまざまな利用データから、マーケティング施策や今後の戦略のヒントを見つけ出すSaaSツールです。無料登録で、下記のデータをPCやスマホからいつでもご確認いただけます。

  • アクティブユーザー数のランキング
  • 急成長しているアプリがわかるトレンドランキング
  • 主要SNSアプリの利用時間帯や性別年代比
  • 各アプリのストア情報のサマリー など


アプリの最新動向や市場の傾向を知りたい方におすすめです。
まずは、こちらから無料版でApp Apeをご利用ください。

アプリ市場の動向をメールでお知らせ

最新の市場動向をまとめたレポートや最新記事、App Apeイベント情報をお届けします。ぜひご登録ください。