コロナ禍で伸びたライブ配信アプリは?視聴だけでなく、配信者の増加が鍵に

ハッシュタグ
0 SHARES

コロナウイルスは、私たちのライフスタイルを大きく変えました。

  • 商業施設への外出や旅行などの自粛
  • 巣ごもり消費の促進
  • マスクを付けた外出が基本に

その中で、アプリのトレンドも変化しています。その場で映像を撮影してインターネット上のユーザーに視聴してもらうライブ配信アプリの利用者が、増えているのです。

今回はエンタメ関係のアプリマーケターやコロナ禍でのトレンドの変化を知りたいビジネスマン向けに、アプリ分析ツール「App Ape」のデータをもとにライブ配信アプリのMAUや性別年代比などを詳しく分析していきます。

App Apeの詳細はこちら:アプリ分析ツール App Ape
※ 下記より、App Apeの説明資料をダウンロードできます。

Note

  • ※文中で使われる単語
  • MAU:対象期間におけるアプリの月間アクティブユーザー数で、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数
  • 性別年代比:そのアプリの対象期間における所持ユーザー(MAU)のうち、性別×年代でみたときの各世代の割合

ライブ配信アプリMAUランキングや、MAU規模などを比較

ここでは、ライブ配信アプリのMAUランキングやMAU規模比較などを見ていきます。

▼MAUランキングの1・2位に変動なし、3~10位も人気アプリほぼ変わらず

下記の表では、2020年1月(自粛前)、4月(緊急事態宣言下)、6月(緊急事態宣言解除後)のライブ配信アプリMAUランキングを比較しています。
なおこのデータは「Google Play」カテゴリの「ソーシャルネットワーク」と「エンタメ」のランキングから、ライブ配信が主要な機能のアプリだけをピックアップしてランキング化したものです。
「YouTube」や「Instagram」、「Facebook」などの、ライブ配信が主要な機能ではないアプリはランキングから除外しています。

順位1月(自粛前)4月(緊急事態宣言下)6月(緊急事態宣言解除後)
1位ツイキャス・ビュワーツイキャス・ビュワーツイキャス・ビュワー
2位ニコニコ生放送ニコニコ生放送ニコニコ生放送
3位SHOWROOMLINE LIVEMirrativ(ミラティブ)
4位LINE LIVEMirrativ(ミラティブ)SHOWROOM
5位Mirrativ(ミラティブ)SHOWROOMLINE LIVE
6位V LIVEV LIVEV LIVE
7位17LIVE(イチナナ)ツイキャス・ライブOPENREC.tv
8位ツイキャス・ライブOPENREC.tvツイキャス・ライブ
9位OPENREC.tvSUGAR17LIVE(イチナナ)
10位ミクチャ(MIXCHANNEL)17LIVE(イチナナ)SUGAR

Note

  • データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による
  • MAU(Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数で、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

ランキングを見てみると、上位2つの「ツイキャス・ビュワー」と「ニコニコ生放送」がまったく変化していないのが分かります。
ツイキャスもニコニコ生放送も、日本企業が運営しています。国産のライブ配信アプリが、強い影響力を持っているのでしょう。

また3位以降は変動がありますが、

  • SHOWROOM
  • LINE LIVE
  • Mirrativ(ミラティブ)
  • V LIVE
  • 17LIVE(イチナナ)
  • ツイキャス・ライブ
  • OPENREC.tv

上記7つのアプリは必ず上位10位にランクインしています。総合的に見ると、「ライブ配信アプリにおける1~10位のアプリの顔触れはほとんど変わらない」とまとめられます。
ちなみに「17LIVE(イチナナ)」は、アプリ内イベントといったコンテンツで成長してきたアプリとして以前記事にまとめていますので、詳しくは下記をご覧ください。

17Live(イチナナ)ベストな配信時間は?お昼に視聴者が増加!イベント参加がビュワー集めの鍵に

上位10位の顔触れがほとんど変わらない中、注目すべきなのが「SUGAR」の動きです。コロナ禍以前は10位外だったSUGARは、コロナウイルスの脅威が本格化した以降利用者を急激に伸ばし、10位以内にランクインしています。

SUGARは、誰でも知ってる憧れの人たちと直接話せる、画期的な『双方向ライブ配信アプリ』です。

芸能人の佐藤健や千鳥のノブなどがライブ配信するとユーザーが一気に増加するなど、芸能人の配信がMAUの成長に大きく寄与しました。

最近ではYoutuberをサポートする「UUUM株式会社」と「吉本興業株式会社(以下、よしもと)」が業務提携を行いました。※
これにより、よしもとに所属する芸人がYoutuberとしてデビューする際にUUUMがサポートするといった、「有名人がネットに進出して生配信を行う」とケースが増えています。
今後は芸能人の活躍の場として、ライブ配信という手段が広く普及していくことが見込めます。

※引用元:UUUMと吉本興業が資本業務提携、YouTubeサポートなどノウハウ共有へ

MAU規模を見ても、ツイキャス・ビュワーとニコニコ生放送が圧倒的なユーザーを獲得している

Note

  • データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による
  • MAU(Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数で、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

上記では、2020年6月の各ライブ配信上位アプリのMAU規模を比較しています。ちなみにMAU規模は、1位だったツイキャス・ビュワーを100として他のアプリの割合を比較したものです。

MAUの規模を見ても、ツイキャス・ビュワーとニコニコ生放送が特に多くのユーザーを集めているのが分かります。3位の「Mirrativ(ミラティブ)」に対し、上位2アプリは2倍以上のMAU規模を誇っているのがポイントです。

ちなみにツイキャスは、視聴専用の「ツイキャス・ビュワー」と配信専用の「ツイキャス・ライブ」にわかれています。

ユーザーボリュームで見てみると、ツイキャス・ビュワーのほうがかなり大きいです。ライブ配信を行うより、視聴するほうが簡単であり、気軽に実行できるのが理由かと思われます。

コロナウイルスで全体的に利用増

ここからは、2020年1月〜6月のライブ配信アプリMAU推移を確認していきます。

▼LINE LIVEとSUGARのMAU高成長

上記は、2020年6月のライブ配信アプリのMAUランキングで順位変動のあった3位以下の2020年1月〜6月のMAU推移を表しています。

1~3月の動向を見てみると、下記の2アプリが特に成長率が高い結果となりました。

  • LINE LIVE:月間利用者数1.34倍
  • SUGAR:月間利用者数5.34倍

中でもSUGARはかなり高い伸びで、ちょうどこの時期に佐藤健や千鳥のノブなどが配信を行っています。SUGARは、2020年2月にUUUM株式会社と資本提携を行っており、今後も大きな成長に期待が持てます。

※引用元:SUGAR株式会社との資本業務提携のお知らせーーUUUM(ウーム)株式会社

一方6月の動きを見てみると、おおむね各アプリのMAUが下がっています。2020年6月1日には緊急事態宣言が解除されており、オフィスや学校に戻る方が多く見受けられました。その流れで、ライブ配信アプリを使うユーザーが減少したと考えられます。

そんな中、「OPENREC.tv」と「17Live(イチナナ)」がユーザーを伸ばしています。特にOPENREC.tvは1月から6月までユーザーが減少することなく、上昇しているのもポイントです。この期間の成長率を見ると、1.6倍となっています。

OPENREC.tvでは、

  • 声優をゲストに呼んでのゲーム番組開催
  • ライブ配信を視聴すると、Amazonギフト券がプレゼントされるキャンペーン
  • 人気コスプレイヤーえなこさんなど、有名人の個人配信の開始 など

精力的にイベントを開催しています。そういった戦略が、着実なユーザー獲得につながっているのかもしれません。

▼ツイキャスは、ライブ用アプリも成長している

もう一つ注目したいのが、「ツイキャス・ライブ」です。
視聴用のツイキャス・ビュワーがランキング1位にランクインする中、配信用のツイキャス・ライブも自粛期間中かなりユーザーが増加したことが分かります。
自粛でライブ配信を始めとする動画コンテンツの視聴時間が増加したのはもちろんですが、「時間があるから、これを気に興味のあったライブ配信を始めてみよう」というユーザーも多かったのでしょう。

コロナ禍で余暇時間が増加したことにより、自炊や自己投資、これまで出来なかったことへ取り組む人が増加しました。ライバーとしてデビューする人が自粛中に増えたのも、外出自粛、余暇時間の増加によるものと考えられます。

OPENREC.tvとツイキャス・ライブを、性別年代比をもとに深堀

ここからは「OPENREC.tv」と「ツイキャス・ライブ」を、性別年代比データをもとにして詳しく調べていきます。

▼ゲーム実況配信アプリOPENREC.tv、若年層の女性に人気

[データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による]
[性年代比率:そのアプリの対象期間におけるMAUのうち、性別×年代でみたときの各世代の割合]

OPENREC.tvは、さまざまなジャンルのゲーム配信を取り扱っているライブ配信アプリです。プレミアム会員機能もあり、単発ではなく長期的にユーザーに有料サービスを提供していることも特徴です。

ゲーム実況アプリは男性ユーザーが多い傾向にありますが、OPENREC.tvは珍しく女性ユーザーが多いアプリとなっているのがポイントです。特に10代の女性が20.4%と20代男性の次に多く、20代女性の割合も19.1%と、若年層の女性に人気のゲームアプリであることが分かります。

OPENREC.tvでは女性に人気のあるアーティスト「加藤ミリヤ」さんのライブ配信※を行ったりと、女性の集客にも力を入れているようです。更に、女性に人気のある声優を呼んだコンテンツを配信したり、若年層女性に対する施策を積極的に行っています。

※引用元:【加藤ミリヤ】6/22限定ライブーーOPENREC.tv 公式サイト

▼ツイキャス・ライブは、20代男女に特に人気

[データ元:App Ape(国内約15万台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape 推定による]
[性年代比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザー(MAU)のうち、性別×年代でみたときの各世代の割合]

上記は、ツイキャス・ライブの2020年6月の性別年代比を表しています。

ツイキャス・ライブは、ライブ配信サービスであるツイキャスでライバーが配信をするときに必要です。
ツイキャス・ライブの特徴は、下記のようなものがあります。

  • 動画、音声のみなど、自分に合った配信方法を選べる
  • グループ配信やプライベート配信などで、友達とコミュニケーションが取れる
  • 100以上のカテゴリーから、好きなジャンルを選んで配信ができる

ツイキャス・ライブでは、20代のユーザーボリュームが全体の50.7%と、最も高くなっているのが分かります。1番多いのが20代女性で30.6%、2番目に多いのが20代男性で20.1%となっているのもポイントです。

20代を中心とする若い世代がコロナ禍でも自己表現ができるアプリとして、今後ライブ配信はますます主流になっていくかもしれません。

まとめ

今回はアプリ分析ツール「App Ape」のデータをもとに、ライブ配信アプリのMAUや性別年代比などを詳しく分析してきました。

全体で見ると、ツイキャス・ビュワーとニコニコ生放送が長期的に高い人気を誇っているのが分かりました。またSUGARが急速に成長している、OPENREC.tvやツイキャス・ライブが人気を呼ぶなどコロナ禍でトレンドが変化している傾向も見受けられました。

先行きが不透明なコロナ禍で、ライブ配信アプリの市場は今後さらに成長を見せるかもしれません。詳しいデータを分析したい方は、ぜひApp Apeの無料版に登録してみてください。

App Apeの詳細はこちら:アプリ分析ツール App Ape
※ 無料版登録で、主要アプリの利用データ・アプリの各種ランキングを、すぐにご覧になれます。

App Apeではアプリに関する様々なデータを毎日更新しています。

App Apeは、アプリのさまざまな利用データから、マーケティング施策や今後の戦略のヒントを見つけ出すSaaSツールです。無料登録で、下記のデータをPCやスマホからいつでもご確認いただけます。

  • アクティブユーザー数のランキング
  • 急成長しているアプリがわかるトレンドランキング
  • 主要SNSアプリの利用時間帯や性別年代比
  • 各アプリのストア情報のサマリー など


アプリの最新動向や市場の傾向を知りたい方におすすめです。
まずは、こちらから無料版でApp Apeをご利用ください。