【2020年版】スマホゲームアプリMAUランキング コロナ禍で利用が多かったアプリは?

0 SHARES

App Ape Lab編集部はこのほど、スマホアプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積するデータをもとに、2020年1月〜12月のスマホゲーム月間利用者数(MAU)ランキングを取りまとめました。

各カテゴリーのMAUランキングをまとめたレポートはこちらから入手できます。

新型コロナウイルスの感染拡大や緊急事態宣言は2020年のモバイルゲームを含むさまざまなアプリの利用に大きな影響を及ぼしました。

レポートは2020年のコロナ禍でゲームアプリのユーザーが実際にどのようなゲームをプレイしたのについて読み解くヒントとなる資料として活用できます。

各カテゴリーのMAUランキングをまとめたレポートはこちらから入手できます。

超長期運営タイトルに新規2タイトル肉薄

国内のAndroid端末を対象に、各スマホゲームアプリの2020年1月〜6月の平均MAUを推計。各カテゴリーについて①ゲーム全体のMAUに占める当該カテゴリーのシェア②MAU上位10アプリとシェア③各カテゴリーにおけるMAUの性年代別割合ーーの3つの視点でデータをとりまとめました。

スマホゲームアプリの全体MAUランキング(2020年1月〜12月)は以下の通りです。

MAU順位アプリ名
1位LINE:ディズニー ツムツム
2位Pokémon GO
3位モンスターストライク
4位パズル&ドラゴンズ
5位どうぶつの森 ポケットキャンプ
6位LINE ポコポコ
7位ドラゴンクエストウォーク
8位トゥーンブラスト (Toon Blast)
9位Fate/Grand Order
10位にゃんこ大戦争

ランキングのトップ3は「ディズニーツムツム」「Pokémon GO」「モンスターストライク」と超長期運営タイトルが占めました。

4位以下も長期運営タイトルが多く、2020年12月を起点にローンチから3年以内のタイトルは「ドラゴンクエストウォーク」と「どうぶつの森ポケットキャンプ」のみでした。

2020年のスマホゲームアプリの総MAUの性年代別構成は以下の通りとなりました。

[データ元: App Ape (国内約15万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
[MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数で、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数]

40代男性の割合が最も高く30代男性、30代女性、40代女性と続きました。50代のみ男性よりも女性の方が割合が高い他、10代は7割が男性であることが読み取れます。

ゲームユーザーというペルソナを考慮する上で、一つの参考指標となりそうです。

アドベンチャーアプリは入れ替わり激しく

今回のレポートで編集部が注目したカテゴリーは「アドベンチャー」です。
アドベンチャーカテゴリーのMAU上位10アプリは以下の通りとなりました。

MAU順位アプリ名
1位Pokémon GO
2位ディズニー ツイステッドワンダーランド
3位荒野行動-スマホ版バトロワ
4位アークナイツ
5位青鬼オンライン
6位ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS
7位駅メモ! – ステーションメモリーズ!- 位置ゲーム
8位脱出ゲーム:Escape Rooms 人気の脱出ゲーム
9位脱出ゲーム – EXiTS – 新作脱出ゲーム
10位原神

3月にローンチした「ディズニー ツイステッドワンダーランド」、10月にローンチした「原神」が新たにランキングに加わりました。

1位の「Pokémon GO」が圧倒的なシェアを誇る中、大きな入れ替わりが起きたカテゴリーといえます。

カテゴリーのスアホゲームアプリの人気の高さと競争の激しさがあらためて浮き彫りになった形です。

MAUランキングレポートを配布します

カテゴリーごとのランキングと総MAUの性年代別構成をまとめたレポートは下記のフォームから入手できます。スマホゲーム市場の現在地を把握するのに有用なレポートです。どうぞご活用ください。

MAUランキングレポートを入手する

App Apeの詳細はこちら:アプリ分析ツール App Ape
※ 下記より、App Apeの説明資料をダウンロードできます。